茅沼温泉 憩いの家かや沼に行ってきました2017

快晴。しかし快晴とは思えない程寒い。最高気温は11℃だとか。今は6月なのに…

春の高校野球北海道大会は駒大苫小牧が優勝! 高校野球ファンとしては、あの駒大苫小牧が久しぶりの優勝なので本当に嬉しい。夏はこのまま久しぶりの甲子園で大暴れをして欲しい! 準優勝した北海高校も捨てがたいが… 南北海道はどちらかに行って欲しいね。

前回のブログ(標茶温泉 味幸園に行ってきました2017)でエキサイトブログにしてから訪問者が10000を超えたと書いたが、味幸園のブログを書いたら1日の訪問者が200を超えた。ブログを書いて以来初めてのことである。味幸園て注目度が本当に高いんだね。

ますます温泉ブログを書きたい気持ちが高まった。


と言う訳で、今日は仕事からスタートである(笑)

向かったのは釧路町役場。

c0191622_20082134.jpg
周りは大変に環境の良い場所である。少々の住宅街とほとんどが緑だ。

c0191622_20093142.jpg
釧路町には東北海道で最大規模となるショッピングゾーンを有しているので、人通りも多くその辺りに役場を作れば良かったのではと思うのだが(交通の便もあるし…)、ここに作った理由は謎(笑) かなりショッピングゾーンから離れている田舎なので… 環境は最高なんだけれどもね(^^;

仕事内容は詳細についてはいつか発表できると思うが、今のところは「釧路町のゆるキャラをPRする仕事」と言っておこう。そして恐らくではあるが、「日本初の試み」となる。発表できる日が待ち遠しい。

そして打ち合わせ終了。時間は午後2時30分。身体が痛いのでこのまま整骨院へ行くという選択肢もありだが、せっかくなので近場の温泉へ行くことにした(笑) 10日間で4回目の温泉だ(笑) ちなみに毎回予期せぬアクシデントの起こったセイコーマートには寄りませんでした(爆)

今日行く温泉は時間も時間なので遠出はできない。なので予告した養老牛温泉等では無く、近場で攻めるということにした。

近場と言えば「茅沼温泉」である。

距離だけで言えば釧路市の「ふみぞの湯」等になるが、いつも大変に混んでいるのと、少しは「旅気分」を味わいたいので茅沼温泉だ。


釧路町役場から約30分。国道を標茶方面へ進めると大きな看板が出てくる。

c0191622_20290974.jpg
ここで左折して約3キロらしい。

途中、「JR茅沼駅」がある。

c0191622_20350967.jpg
逆光なのが残念(汗) 無人駅だがオシャレな駅舎だ。自宅最寄りの駅である「遠矢駅」はなんの変哲も無いデザインなのに… 人口は結構いるのだから駅舎も凝って欲しいところだが…  駅向こう側には新築物件の工事が行われていた。

それから更に車で2分程走ると、今日の目的地である「茅沼温泉 憩いの家かや沼」の敷地に入ることができる。

c0191622_20394941.jpg
敷地には広いパークゴルフ場がある。宿に宿泊して一日中パークゴルフをプレーするのも良いかもしれない。車からの撮影だったので映り込みがある。すまない…

そして建物に到着。

c0191622_20540782.jpg
建物には本館と新館がある。入口は統一。玄関を入って左側がフロントだ。右側の方が大きく見えるので一瞬間違えそうになる。

入口にはこんな貼り紙が貼ってあった。

c0191622_21010820.jpg
恐らくホームページの営業時間と違うと思うので日帰りで来たい方は要注意だ。私は先日の藤花温泉ホテルのこともあるので…

c0191622_21024753.jpg
フロント。

入浴には券売機で券を購入する必要があるので要注意。玄関を入って右側には小さな売店とレストランがある。レストランは食事を提供している時間帯と喫茶メニューだけの時間帯があるのでこちらも要注意。

c0191622_21143895.jpg
温泉大浴場入口。コイン式の靴用ロッカーもあるので便利だ。向かえ側にはマッサージャーも設置されている休憩場がある。

c0191622_21174890.jpg
30人くらいは休めると思う。昔は出張のマッサージ師が在中していた気がしたのだが。

また、これも昔にあった「瓶コーラの自動販売機」だが、こちらも撤去されていた。非常に残念。

c0191622_22094882.jpg
脱衣所。広くは無い。ただ温泉のキャパから言えばこんなものだと思う。平日の日中だが非常に混んでいた。この写真を撮るのに何分待ったことか…(汗)

c0191622_22114742.jpg
100円を払ってリターン式のコインロッカーが多数あるので貴重品を持っていても安心だ。奥にあるカミソリの自動販売機は故障中となっていた。

ドライヤー設置。他のアメニティは無し。大型の扇風機が設置されている。

そしてこれが温泉の写真だ。

c0191622_22142775.jpg
ドア越しに撮影。多数の入浴客が居たのでドアを開けて撮影することは不可能だった… こんな感じということだけでも分かって戴ければ。とても奥行きがある。

浴室はシャワー付きカランが12台。大人数でも安心だ。

ドアを開けるとモール臭とかすかな硫黄の臭いもした。(硫黄の臭いはたぶんそんな感じがしたというだけだが) 左側には立って身体を洗うシャワーも設けられている。

大浴場には湯温の異なる湯船が3つ。露天風呂が1つ、打たせ湯が一つある。ただ、打たせ湯は威力が弱かった。非塩素・非循環の源泉かけ流し。

まずは、一番ぬるい主浴場である岩風呂に浸かった。温度は40℃~42℃。7~8人ほどが入れそうだ。前回まで訪ねた温泉はいずれも長時間入れないほどの高温だったので、このお湯は非常に入りやすい。長湯に向いている。

続いて向かったのが一番手前にある中温度の湯船。42℃~43℃。4~5人が入れそう。うん。確かに少し熱い。ただ熱い風呂が好きな方はこちらの方が好きな風呂だと思う。

続いて一番熱い真ん中の湯船へ。温度は45℃~46℃。3~4人ほどが入れそう。これは非常に熱い! 身体がピリピリ痺れる。

ここで源泉を少し飲んでみた。味はとてもしょっぱい(塩辛い)。まるで海水を飲んでいるようだ。少し癖になって何度も飲んでみた(笑)

しょっぱい理由としては、この辺り一帯、昔は海だったので地熱によって温められた化石の海水なのかもしれない。

ここで一度身体を洗うために湯船から出る。ボディーソープ・リンスインシャンプー設置。

最後に露天風呂へ向かった。

最後に行った理由として、20代くらいのヤンキーが2人、床に寝転がったり湯船を占領していたからだ(汗)先日の味幸園のヤ〇ザ屋さんに引き続きついていない。まあ、関係なく堂々と入れば良いだけのことだが、せっかく温泉にまで来て最悪の空気を作り出したくは無いので…

露天風呂は42℃~44℃大きさは5~6人が入れるほど。今日は寒かったので丁度良い。夏はともかく寒い時期は最高だと思う。奥にはシラルトロ湖が見られるが、木に遮られてほとんど見ることができない。それでも解放感はある。

露天風呂に5分ほど入った後、改めて岩風呂に入って湯を後にした。

無色透明でナトリウム塩化物泉。舐めるとしょっぱい。泉質はこちらの温泉も素晴らしいので何度でも入りたいところだ。


フロント隣の売店はソフトクリームが売られている。260円。観光地としてはやや安めだ。

c0191622_22530253.jpg
260円でやや大きめなのはお得感があるが、味は一般的。ちょっと残念かな。次回は他のものにしよっと。

ところで「温泉分析書」が無かったのが気になっていたが、フロントのお姉さんに尋ねてみると分析書はフロントに飾ってあった。頼んで撮影させてもらう。

c0191622_22570157.jpg
泉温は47.1℃。お姉さんは「時々こちらを撮影させてくださいって方が来るんですよ」と言う。私のような方が沢山いるんだね(笑)

そのほか、「おじいさんが来て温泉から出たら膝と腰の痛みが一気に引いたと言っていた」とか「うちの温泉は長時間入っても湯あたりしない」と絶賛されていた。確かに長時間入っても一切のぼせなかったので、それは言えてると思う。

30分ほど、くつろいだりFacebookをアップしたりして時間を過ごして憩いの家かや沼を後にした。

憩いの家かや沼
泉質 ナトリウム塩化物泉
営業時間 10:00~22:00 受付終了は21:30
休館日 無休
料金 大人450円 小学生200円 入浴回数券 20枚綴り5500円
住所 北海道川上郡標茶町字コッタロ原野127番地10
電話 015-487-2121


いつもならこのまま引き返すのだが、今日は宿の奥に足を踏み入れてみた。すると「シラルトロ自然情報館」という建物が建っていた。

c0191622_23154287.jpg
こんな立派な建物あったっけ?

中へ入ってみると、シラルトロ湖や釧路の自然についてパネル展示、また、動物や植物の標本が展示されていた。

c0191622_23171682.jpg
c0191622_23174141.jpg
顕微鏡で見れるコーナーもあり、なかなか見応えがあった。かや沼温泉へ来た際には是非訪ねてみたい場所の一つだ。隣はキャンプ場となっていた。


温泉からの帰り道。まだ時間もあったので、前回の予告通り「塘路地区」を回ってみることにした。

「JR塘路駅」

c0191622_23203620.jpg
うわー。また逆光だー! ちなみにこの塘路駅。現在依頼があり、この場所の絵を作成している。

c0191622_23215209.jpg
近くにはカヌー関係のお店が沢山あった。この近くにある塘路湖や釧路川がカヌーのメッカだからであろう。

c0191622_23230073.jpg
お店が何軒か立ち並んでいたが、どこも営業終了していた。まだ午後5時だと言うのに流石田舎だ(^^; ちなみに駅向かえの食べ物屋さんでは「いもだんご」が2個300円で販売されていた。次回は食べたい。

駅前通りを直進していくと、小さな集落が広がり奥には「塘路小中学校」が建っている。

c0191622_23255204.jpg
綺麗に写すポイントが無かったのでこのような写真になってしまったが…

何人くらい児童・生徒が居るのだろう。残念ながらホームページは閉鎖中であった。ただ、昨年から隣の阿歴内小中学校と合併したので、そこそこの人数が現在は居るのかもしれない。阿歴内にも小中学校があったことには、正直塘路以上にびっくりだ!

学校の近くには郵便局と交番が建っていた。

c0191622_23371066.jpg
郵便局は改装工事中。

c0191622_23374390.jpg
コンビニや病院、スーパーは一軒も無い本当に小さな集落ではあるが、コミュニティーはしっかりと形成されている。ただ、食べ物を買いに行くには標茶町中心部か釧路町に出なくては行けないので大変そうだが、施設は整っているので生活は問題なくできそうだ。


さて、満足したし、そろそろ帰宅するかというところで洗顔フォームを忘れてきたことに気付く。やってしまった… 今更取りに帰るわけにもいかないし… 今日はここまでノーエラーだと思っていたがここで痛恨のエラー! 仕方が無いので自宅近くのドラッグストアへ。

c0191622_23423327.jpg
自宅のある集落は、釧路湿原の近くで決して大きな集落ではないが(塘路よりはずっと大きいけどね)、かなり大きなドラッグストア(ツルハドラッグ)がある。その他、コンビニ2軒、歯医者2軒、病院1軒がある。歯医者2軒は集落の大きさから言って、果たしているのかなと思うが…

このドラッグストアで洗顔フォームを購入。はあ、無駄な出費だ…

次回はいつ時間があるかな。前回行けなかった藤花温泉ホテルにも行ってみたい。


本日、走行距離 70キロ(釧路町役場から)
今まで行った温泉 5(2017年5月31日から)
入れた温泉 3


応援宜しくお願いします! 「旅日記・旅の思い出」にも登録してみました。
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/26717159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2017-06-05 23:58 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。てんてるにて旅漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31