阿寒湖温泉・阿寒湖畔トレーニングセンターに行ってきました2017

晴後曇り。

最近の中では気温は高い方だがそれでもまだまだ寒い。釧路の夏は非常に短い。夏は夏で私の部屋って暖気が籠って地獄なんだけどもね(^^; それでもストーブを付ける寒さよりはマシかな。

と言うことで、朝から面接へ行ってきた。釧路市のデザイン会社だ。

面接の結果、無事合格ということになった。ただ一つ懸念されることがある。それは研修期間中は賃金が半分になってしまうということだ。このことをFacebookに上げると沢山の方から「それはおかしい!」というご意見を戴いた。私もそこは心配している。

なので、近日中に電話で確認をとって、場合によっては契約書をもらおうということにした。と言うこともあり、今現在この会社名はブログで発表しないようにしようと思う。


面接後、先日ブログで紹介した整体院の友人の調子が良ければ釧路町で行われている、音楽家でもある石丸基司先生の個展に行こうと計画していたが、友人の調子が悪いので急遽行き先を「温泉」に変えることにした(笑)

その前に一つ行くところがある。

「釧路市柳町スピードスケート場」だ。何故スピードスケート場に松本が? と思われる方もいるだろうが、詳細はしばらくの間、内緒にしておく。恐らくブログで発表できるのは来年になると思う… 本当に沢山の知り合いが見ているのでご勘弁を…

c0191622_23570890.jpg
こちらが柳町スピードスケート場。

館内には歴代オリンピック選手の記念品や写真が飾られている。釧路はスケートの街だからね。

c0191622_23583851.jpg
オリンピックパワーを戴きながら出発!

今日の目的地は5月31日以来、約2週間ぶりの阿寒湖温泉だ。弟子屈町の川湯温泉にするか悩みはしたが、釧路市市街地からだと阿寒湖温泉の方が近いので、時刻も昼を過ぎているためこちらにした。

走ること約一時間半。

c0191622_00051065.jpg
道路は何台もトラックが走っていてなかなか気持ちよく進めず…

それでも約1時間半後、阿寒湖温泉街に到着。

c0191622_00065857.jpg
写真は車がいないタイミングで撮ったから静かそうに見えるが、実際は賑やかだ。沢山の車と人が行きかう。有料駐車場がいくつもあるから、休日に行くともっと賑わっているのであろう。

前回取材し忘れた阿寒湖小学校を遠目にパシャリ。温泉街の外れに小学校はある。郡部の小中学校を見ることに興味があるので…

c0191622_00150943.jpg
調べてみると、全校児童は60名以上いるらしい。温泉街だというのに侮れない数字だ。それだけ沢山の温泉関係者が暮らしているということだろう。

学校から帰ってきたら毎日温泉へ行っているのかなと考えるととても羨ましい。

私も緑に囲まれた小学校で育ったので、そこは気持ちが分かるが、温泉は無かったので非常に羨ましい。

ちなみに火山が近いので噴火時のマニュアルがあるらしい。流石温泉地の学校だ。

後々調べたが、中学校は更に奥にあるらしい。なるほどそれで中学校が姿を現さなかったのか。今度行ったら撮影してみよう。

ちなみに今日の目的地も小学校の更に奥地にある。

それがこちら。

c0191622_00235804.jpg
「えっ?松本、阿寒までトレーニングしに行くの?」と思われるかもしれないが、実はこちらの施設にほとんどの人が知らない「秘湯」があるのだ。

c0191622_00232832.jpg
c0191622_00312028.jpg
阿寒湖畔トレー一ソグセンタ(笑)

玄関を開けると靴を脱ぐ場所があり、そこを抜けてカウンターがある。

c0191622_00325887.jpg
受付にはオジサンの職員とオバサンの職員が居た。私が来たことに驚いたような顔を見せた。恐らく普段からあまり人が来ないのであろう。

特に話すことが無くお金を払う。

c0191622_00345460.jpg
大人一人260円! これでも十分に安いが(いや、安すぎるが)、他の方のブログを読んでいると以前は220円だったようだ。この料金で採算が取れるのかな? 釧路市管理だろうからこれでも良いのか。

トレーニング室はこんな感じ。

c0191622_00372663.jpg
壁に並ぶようにトレーニング器具がある。真ん中にバランス良く置けば良いのに(笑)

左側には25Mプールが。

c0191622_00385269.jpg
水は張られているが、泳ぐ人いるのかな? ちなみに私は小学生以来泳いでないので無理ですm(__)m


左にプールのある長い廊下を奥まで行くと脱衣所がある。

c0191622_00404682.jpg
左が女湯、右が男湯だ。暖簾が無いので分かりにくい。

脱衣所がこちら。

c0191622_00415872.jpg
c0191622_00421458.jpg
大変こじんまりとしている。標茶町・藤花温泉ホテルと同じくらいだろうか。(標茶町 藤花温泉ホテルに行ってきました2017)棚が16等分に分かれており、籠は無い。

洗面台一つとドライヤー一つがある。他のアメニティーは無し。脱衣所の隣にトイレがあり、トイレは水洗式。

c0191622_00463442.jpg
温泉を利用する場所の温度、39℃~43℃。飲用の許可をうけていないとのことだったので、今回も温泉を飲むことはしなかった。

加水することもあるらしい。

c0191622_00515450.jpg
温泉分析書。

泉温56.2℃、pH6.7

これなら加水をしても仕方ないだろう。

さて、肝心の湯船だが…

c0191622_00565795.jpg
脱衣所同様、大変に狭い。浴槽が一つで4人~5人が入れる程度。浴槽が変色しているので、恐らく温泉の成分のためだと思う。それだけ期待できるということだが。

c0191622_00590808.jpg
シャワー付きのカランが3台。シャンプーやボディーソープは設置していない。万が一のために持参してきて良かった!

c0191622_01025751.jpg
蛇口からは高温のお湯が出しっぱなしで流れている。源泉そのものだ。隣には加水用の蛇口もあった。

c0191622_01041366.jpg
お湯は薄茶色に見えた。他の方のブログを読むと、多くの方が薄緑と表現しているが、私には薄茶色に見えた。


湯船に浸かることにする。う~~~ん。これは熱い! 脱衣所の張り紙には39℃~43℃とあったが、恐らくそれ以上の温度であることは間違えない。加水しようとも思ったが、せっかくの温泉成分を堪能したかったのでここは我慢して入ることにした。

すぐに身体が赤くなる。ただ、換気扇が効いているので変な蒸し暑さは感じることが無かった。快適快適。

一つ注文をつけると、せっかくの温泉地なのに「風情」が無いかな(^^; トレーニングセンターなので仕方が無いが…

色々な文章を読んでみて気が付いたが、ここの温泉は数ある阿寒湖温泉の中でも一番の温泉の濃度らしい。

なので、風情などを求めず、単純に濃い温泉を楽しみたいのであればここが一番だと思う。ただ、風情を楽しみたいのであれば「鶴雅」等有名なホテルの温泉へ行った方が良いと思う。

いずれにしても大変良いお湯でした。

阿寒湖畔トレーニングセンター
泉質 ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー炭酸水素塩・塩化物泉
営業時間 11:00~20:00
休館日 毎週月曜日
料金 大人260円 大学生・高校生180円 中学生・小学生90円
住所 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉5丁目7-1
電話 0154-67-2162


トレーニングセンターを出ると、隣に本格的なスケートリンクがある。どうやら今日はスケートに縁があるようだ。

c0191622_01262870.jpg
今はシーズンオフなので当然氷は張られていない。


その後、温泉街を散策。

c0191622_01272338.jpg
今日もアイヌコタンに寄りました。

c0191622_01275965.jpg
セブンイレブンにも寄る。セブンでは「マリモ羊羹」が販売されていた。ご当地仕様だ。

温泉街からの帰り道、今回もここに寄ることにした。

c0191622_01302040.jpg
佐々木榮松美術館(釧路湿原美術館)だ。

今回は身分を明かして撮影許可を得ようと試みたが、理事長さんがいらっしゃらないとのことで撮影許可は下りなかった。

1時間ほど館内を鑑賞する。何度来ても本当に素晴らしい。今回も独り言をブツブツ言いながら技を盗もうとする。分からないことが沢山だが、恐らく一つだけ分かったことがあった。

それは私の今後の作画生活で活かしていこうと思う。

今後もこの美術館には何度も行く予定なので、撮影許可が下りたとき改めてしっかりとした感想を書きたいと思う。


いつも咄嗟の日帰り温泉・取材だが、次回はどんなところへ行くのか。先日予告した白糠の鉱石泉なのか? それとも全く別の場所なのか。行き当たりばったりが面白いので、次回も計画を立てながら計画を破りたいと思う。

まずは明日(日付は今日)こそは石丸先生の個展に行きたいです。



今日の超オススメ商品はこちら。今回もお風呂ネタということで。

ハイドロバブルバスだ。高濃度の水素が皮膚に大変効くらしい。知人にも皮膚の弱い方がいるので教えてあげたいな。商品リンクが切れる前に是非ご購入を! 期間限定38%オフとのこと!

良いものはどんどん紹介しようと思う。

気が付いたら深夜2時。最近はブログに2時間以上かかるのが当たり前になってきた(^^; 好きなことだからこれも良いのかな。


本日、走行距離 171キロ
今まで訪れた温泉 7(2017年5月31日から)
そのうち入れた温泉 5


応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/26737800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2017-06-14 01:49 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。Webコミック雑誌「てんてる」にてVTuber虹河ラキと北海道を旅する漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31