茅沼温泉 憩いの家かや沼に行ってきました2017リベンジ

晴後曇り後雷雨。(7月22日)

非常に変わりやすい天気だった。この数日は比較的涼しい日が続いていたが今日はかなり暑かった。と言っても本州の方から見ればずっと涼しいのだが…  これ以上は先週までのように耐えられない暑さになるからこの辺りで勘弁して欲しい。

体調も昨夜から非常に悪い。昨夜は今にも吐きそうなほどの強い吐き気で全く何もできなかった。今朝からは全く食欲が無い。夏風邪なのか、夏バテなのか?

日曜日もやることがあるので土曜日は唯一休みらしい休みとなる。なので体調不良の身体を押して温泉へ行くことにした。バカである。それでも誘惑に負けてしまった。

テレビでは高校野球北北海道大会の決勝戦がやっていた。滝川西VS白樺学園。結論だけを言ってしまえば滝川西が延長10回で逆転。19年ぶり3回目の甲子園を決めた。心からのおめでとうと共に、負けた白樺学園はほとんどの選手が崩れ落ち泣く姿も印象的であった。

私が高校野球をやっていたころは滝川西が甲子園へ出場してからまだ間もない頃だったので、北北海道大会に出場して滝川西のあの青い独特なユニフォームを見るだけで物凄い威圧感のあった印象がある。

北北海道代表は甲子園ではなかなか上位に食い込めないが、今年こそは野球ファンをあっと言わせる活躍をして欲しい。そして来年こそは母校・釧路北陽高校が甲子園へ行って欲しいものだ。


話しは戻り、どの温泉へ行くか迷った。

最初は今まで攻めていなかった鶴居村の温泉にしようとも思ったが、ガソリンが残り少なかったので断念。今、一時的にガソリンの値段も上がっているし… 釧路市内の温泉にしようとも考えたが、土曜日ということもありどこも相当混んでいるだろうということでそちらも断念。

最終的に先月も1度行ってはいるが近場であるという理由で「憩いの家かや沼」へ行くことに決めた。


12:30出発。

道路も思ったほど混んでいなく、30分かからない程度でかや沼の看板が見えてきた。

c0191622_02332521.jpg
摩周国道(391号線)を釧路から北に向かって走ると見ることができる。ここを左折して更に数キロでかや沼に着くことができる。

c0191622_02351733.jpg
到着。土曜日ではあるが思ったよりは空いていた。

券売機で入浴券を買いそれをフロントに渡し脱衣所へ。

前回は故障中だったカミソリの自動販売機が復活していた。200円とのことだ。安いとみるか高いとみるか…

ちなみに脱衣所や温泉成分については以前のブログで詳しく書いているのでそちらを参考にして戴きたい。(茅沼温泉 憩いの家かや沼に行ってきました2017


さて、浴室であるが今回は非常に空いていたので全ての湯船を写すことに成功した。タイトル通りリベンジ達成だ! カランは身体を洗っている先客が2人居たので写すことはできなかったが…

改めて一つずつ紹介しようと思う。

手前側からで、まずこちらが中温湯。43℃ほどだ。

c0191622_11140055.jpg
5人ほどが入れる大きさでこの浴槽は人が入っていない場合がほとんどなので、湯船を独占したい方にオススメだ。

続いてはこちら。高温湯。45℃以上の非常に熱いお湯だ。

c0191622_11154912.jpg
4人~5人が入れる大きさだが、熱すぎるためこれもほとんどの人は入らない。熱い湯好きにはたまらない湯だと思う。

続いてこちらはうたせ湯。

c0191622_11171775.jpg
今日は少し水の勢いが弱かった。

そして斜め向かえにあるのがこちら。主浴槽だ。40℃~42℃と非常に入りやすく長湯に向いている。

c0191622_11213015.jpg
8人~10人ほど入れる大きさなのでかなり広い。

c0191622_11222735.jpg
岩肌を伝って温泉が勢いよく溢れ出ている。

ちなみに全ての湯船が勢いよくオーバーフローするため、清潔に大変気持ち良く入ることができる。

そしてこちらが露天風呂。

c0191622_11235491.jpg
5~6人ほどが入れる広さだ。42℃~44℃と少し熱めになる。

この日はどの浴槽に入ってもいつもより熱く感じたのが印象的であった。もしかすると体調不良も原因していたのかもしれないが…


露天風呂からの眺めはこんな感じ。

c0191622_11254851.jpg
林のような見た目ではあるが、奥には「シラルトロ湖」がある。

せっかくなので湖がもう少し見えると最高なのだが…


簡単にではあるが、これで浴室の説明は終わり。あとは味覚的には舐めるとしょっぱい(塩辛い)というのがこの温泉最大の特徴である。

それはこの辺りが元々海水に沈んでいたことが由来しているらしい。

とにかく湯あたりのしにくい風呂なのでゆっくりと入ることができる温泉だ。


湯船を出た後は売店に寄ってみた。売店と言っても本当に小さなスペースなのだが…

c0191622_11304900.jpg
道東地方の銘菓を中心にお風呂グッズなども販売されている。

そして不思議に思ったのがこちら。

c0191622_11314070.jpg
理由は全く分からないのだが服も販売されているのだ。何故だろう…

その後ろには30号くらいの絵が展示してあって、なかなか良さそうな絵なのだが服に隠れてしまって上の部分しか見ることができない… もっと絵を大切にして欲しいと思った。


それで前回と同じくこちらを購入(笑)

c0191622_11334708.jpg
ソフトクリーム(260円)だ。前回、大して良い評価をしなかったのだが「温泉効果」で風呂上りにどうしても食べたくなってしまうのだ。誘惑に弱い男である。

そしてもう一つ気になったのがこちら。

c0191622_11351730.jpg
「いもだんご」である。2コで150円という安さも魅力的だ。

いもだんごを本州以南の方は知らない人も結構いると思うので簡単に説明するが、その名の通り「イモの団子」で茹でたイモに片栗粉等を混ぜそれを焼き、砂糖醤油等を付けて食べるのだがこれが絶品なのである。北海道のソウルフードだ。

売店のお姉さんに頼むと「これから焼くので15分待って欲しい」とのことであった。

15分後、いもだんごと一緒に買った北海道限定ガラナで一緒に食すことにした。

c0191622_11421892.jpg
美味いけど家庭よりの味かな。観光地等のいもだんごはもっとモチモチしているのだが、ここのはそんなにモチモチしていない。美味しいけどもう少し片栗粉を混ぜて欲しいなと言ったところだ。

ただ、内地からかや沼温泉に来る機会があるのであれば是非とも食べて欲しい一品だ。

かや沼に来る途中の「塘路」と言う地区には駅前にいもだんご屋さんもあるので、こちらの方が高いのだが本格的ないもだんごを食べたい方はこちらを食べてみると良いだろう。


と言うことで、足早ではではあったが憩いの家かや沼を後にすることにした。


憩いの家かや沼
泉質 ナトリウム塩化物泉
営業時間 10:00~22:00 受付終了は21:30
休館日 無休
料金 大人450円 小学生200円 入浴回数券 20枚綴り5500円
住所 北海道川上郡標茶町字コッタロ原野127番地10
電話 015-487-2121


建物の向かえにはパークゴルフ場がある。パークゴルフは北海道発祥のスポーツだ。ゲートボールと間違えていた人がいるが、決してゲートボールではない。

c0191622_22455973.jpg
いつか誰かとゆっくりと泊まりに来てパークゴルフを堪能したいものだ。こう見えて学生時代は上手かった(笑)


具合も悪かったので特に寄るところも無く自宅へ帰ることにした。

そうそう、一つだけ寄ったのがこちら。

c0191622_22493861.jpg
いつものことながらツルハドラッグだ。

アイスも飲み物もお菓子も安いので重宝している。ちなみにドラッグストアではあるが薬を買うことはほとんどない。


今このブログを書いているのは翌23日の夜。

この3日間は具合が悪く主に休息に使ってしまった。なので絵が全くと言って良いほど進まなかった…

これから1時くらいまでは描くがそれでも2時間ほど。

明日、明後日こそは改めてしっかりと書きたいと思う。火曜日は病院のためトリプルワークは休みなのだ。月・火が作品を描くチャンス。

水彩画のストックが10枚になったら再びアクリル画を書こうと思う。

と言うことで頑張ります! 体調も一昨日に比べると少しだけマシになったと思う。


今日のオススメサイトはこちら。
皆が知っているであろう「じゃらん」。
学生は夏休みに入りお盆休みも近づいてきたが、まだ間に合うはず!
格安のプランも沢山あるのでまだ予定を立てていない方、予定を立て直したい方はこちらから急いで予約をしよう↓  今から「秋休み」の予約を取るという手もあります。

本日、走行距離 58キロ
今まで訪ねた温泉 18(重複 4) 銭湯 4 (2017年5月31日から)
そのうち入れた・飲泉した温泉 15 (重複 4) 銭湯 4



トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/26836044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2017-07-23 22:58 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。てんてるにて旅漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31