釧路湿原 ワシ2017.07.25 水彩画

曇り時々晴れ。

気温は18℃ほど。いかにも釧路らしい気候だ。

今日は8年ぶりのプロ野球日本ハム対千葉ロッテの1軍戦だったが、選手も観客も快適だったろうと思う。今日も負けではあったが…

優勝はもう無理だが、クライマックスシリーズ出場権のかかる3位もほとんど無理となったと思う。

言いたいことは色々あるが、腐ることなく昨年のファイターズのような勝利に執着するチームであって欲しい。ファンを辞めることは無いが、見ていて苦しすぎる…

さて、今日は先日完成した絵の紹介だ。タイトルは「釧路湿原 ワシ」。北海道釧路地方に広がる湿原の水彩画。
c0191622_22271724.jpg
2Lサイズ 価格 お問い合わせください
額装した上でお送り致します。
アドレス mugennnihirogarudaiutyuu@msn.com


額装をするとこんな感じ。少々高い額に入れてみた。
c0191622_22300948.jpg
白い余白のスペースが広いので絵が大きく感じる。


今回描いている一連の水彩画シリーズで5枚目の作品だ。

いつもの作品とは違い、釧路湿原を飛んでいる「ワシ」の目線で描いてみた。下に広がる景色が釧路湿原である。


釧路湿原には沢山の鳥がいることで知られている。最も有名な「タンチョウ」をはじめ、渡り鳥を入れ実に175種類もの鳥が釧路湿原周辺で確認されているのだ。

まさに鳥の宝庫である。

佐々木榮松先生の絵には実に多彩な鳥を見ることができる。私の師匠の絵にもタンチョウを中心に様々な鳥を描いていることが確認できる。

釧路湿原を描くにあたって鳥は必要不可欠なのだ。

私の絵にも極力「鳥」を描くようには注意をしている。(勿論描いてない作品も沢山あるのだが…)


この作品は買い手が付かない場合は必ず個展に出そうと考えている。

まあまあ、私の今の実力から言えば合格点の絵だろう。

上から見下ろしているので下の湿原はなるべく薄く描くように心がけた。

右上に少しだけ青く見える部分があるが、それは釧路川である。

ちょっと分かりにくかったが…


次回、ブログで発表する絵も釧路湿原だ。ネタばらしをしてしまえば、久しぶりに写実風に描いた絵である。

楽しみにしていただければ幸いだ。

勿論、販売もしている。


今日のオススメサイトはこちら。
まだまだ間に合う夏休みの旅行。
きっとあなたにピッタリのホテルも見つかるはずなので是非こちらをご活用ください!
あなたも夏の釧路湿原へ。


明日のブログは銭湯ネタの予定です。

作画以来も随時受け付けます。
mugennnihirogarudaiutyuu@msn.com
松本まで。



トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/26840888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2017-07-25 21:31 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。Webコミック雑誌「てんてる」にてVTuber虹河ラキと北海道を旅する漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31