道東の旅2017.11 鶴居ー阿寒 温泉はHOTEL TAITO

晴れ後吹雪、後曇り。(11月19日)

従兄弟のD君が帰り早くも2日になる。時間とは本当に早いものだ… 次はいつ会うことができるのか。

昨日はこのブログで何度か告知のようなものを書いたダブルワーク先の結論が出た。今年いっぱいで解雇とのこと。私だけではなく同じ状況の同僚も他に居る。誰が悪いということでは一切無く、経営的なものだ。

本当に良い方ばかりだし、同僚にも仕事にも慣れて、「これから」というところだったので心から残念だ。

経営上の理由であるから致し方ない。苦しいのは契約期間が満了してないので失業保険を戴くことができないことだ。

ただ、しばらく苦しい期間は続くであろうが、これも一つのきっかけなのかもしれない。いよいよ「絵一本」で勝負をする時なのかもしれない。

幸い今は実家に戻ってきたところだから仮に収入が無い月があったとしても「食事の保証」だけはされている。(普段はちゃんと親に物を買ったりお金を入れているのであしからず)

ダブルワークをすると、移動時間と休憩時間を含め7~8時間は絵を描くことができなくなってしまうので、それであれば7~8時間を絵の時間に充てた方がずうっと良いし枚数を沢山描いた方がそれだけチャンスも広がり成長もできるだろう。

いよいよ、いよいよなのかもしれない。

他の同僚のプライバシーの面もあるので会社名などは一切公表しないが、何か進展があれば追って発表していきたいと思う。


さて、前文が長くなってしまったが道東の旅3日目である。最終日だ。

最終日は私・松本宅から始まる。

朝6:00起床。

起床と同時にD君・父と3人で海釣りへ出かける。この3人で何かをするのは大変に新鮮である。私はと言えば体調が絶不調だったが、D君が「やりたい」と言っていた念願の海釣りなので頓服薬を飲んで出かけることにした。

7:00前に海へ到着。今日は「チカ釣り」だ。

c0191622_21111835.jpg
前日が嵐だった影響が残っているのか、未だに海は荒れていた。釣れるのか心配する。

最初は全く釣れず、そろそろ帰り支度を始めようかと思った残り15分ころ……

いきなりとバタバタ釣れ始める! 先ほどまでが嘘のようだ。魚群が来たのだ!

爆釣とまではいかないが延長した時間も含め、最後の30分ほどで20匹以上の釣果を上げることができた!

c0191622_21164993.jpg
チカを釣り誇らしげなD君を一枚載せます(笑)

帰宅後、釣ってきたチカをフライにして朝食を食べる。新鮮なので大変に美味。

少しだけ休み、10:00過ぎ、本日の予定の一つであった鶴居村へ向けて出発する。三日連続の温泉だ! D君には少しでも道東地方の良い印象を持って帰ってもらいたいので行きたいところには全て連れて行くことにしていた。久しぶりの釧路なのでとにかく喜んでもらいたい。

温泉へ行く途中、「釧路市湿原展望台」へ。

c0191622_21345685.jpg
オシャレな外観である。

入場料470円を支払い展望台へ。

c0191622_21355382.jpg
なかなかの景色だ。遮るものが何も無い。ここからの絵画もいつか描こうと思っている。

建物には展示物や売店、レストラン等も併設してあるため家族で楽しむことができる。「幻の魚・イトウ」が水槽で飼われていたので、これだけでも見る価値があると思われる。

あまり長居はできなかったが充実した時間を過ごすことができた。


その後、鶴居村の「HOTEL TAITO」さんへ到着。

c0191622_21402450.jpg
詳しくは以前にも訪れブログを書いているのでこちらを参考にして戴きたい。(鶴居温泉 鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO に行ってきました2017

パソコンが壊れていたときに書いたのであまり長くは書いていないが… いずれにしても日曜日で大変に混雑していたため写真撮影は不可能であった。

情報だけ載せておこうと思う。

鶴居村 鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO
泉質 ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉(低張性アルカリ性高温泉)
営業時間 11:00~22:00 日曜日・祝日 10:00~ 最終入場 21:30
休館日 年中無休
料金 大人500円 小学生300円 小学生未満100円
住所 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西1-5
電話 0154-64-3111

温泉もレストランの料理も最高なので、道東にお越しの際には是非とも訪ねて戴きたい温泉の一つだ。

露天風呂に入っていると遂に雪が降り始めてきた。だんだんと降り方が強くなってくる。



その後、TAITOさんを後にした私たちは鶴居村もう一つの目的地へ。

それがこちら。

c0191622_22014588.jpg
中心部から少々離れた場所に位置する「ポム ド テール」さんだ。

オシャレな外観で内観も大変にオシャレ。

D君が絶対に行きたいと言っていたカフェで、「白いホットケーキ」が名物だったらしいのだが残念ながら今は作っていないとのこと。

代わりに頼んだのが、男性に人気とのことであるチーズケーキであった。

c0191622_22085245.jpg
これがまた絶妙に美味しかった! 釧路方面から鶴居に用事のある方は是非とも食べてみたら良いだろう。

恐らくこのカフェの代表であろうお姉さんも大変に明るい方で素敵なひと時を過ごすことができた。


外は吹雪いていたが続いては鶴居村から阿寒へ。

一つ目の目的は道の駅でお土産を購入すること。そして最大の目的は道の駅の斜め向かえに位置する釧路湿原美術館(佐々木榮松美術館)さんへ行くことだった。

c0191622_22115915.jpg
D君とのlineや電話で榮松先生の話を何度も何度もしてきた。絶対に見せたかった場所だ。

幸い理事長さんもいらっしゃり、少しお話をすることができた。

ただ、閉館間際に訪ねたのであまり長居をすることができなかったが…

それでもD君は作品に圧倒されていたので(彼も少しだけ絵を描くので)連れてきたかいがあった。私はこれからもここには何度も何度も来るので色々な方を連れてこようと思っている。そのくらい素晴らしい場所である。


ここでいよいよD君が札幌へ帰る時間が近付いてきた。釧路へ車を走らせる。外は吹雪模様だ。

帰路の途中、突然車が異音を出す。アクセルを踏む度にエンジンかマフラーから異常な音がするのだ。この音は2日経った現在も続いていて、明日ディーラーで診てもらう予定を立てている。安い修理で済んで欲しいものだ…

ただ、あまりにもお金がかかるようであれば、安い中古車購入も視野に入れて検討している。次に車を買うときは身の丈を考えて小さなコンパクトカーにしようと思っている。現在乗っているエリシオンのような、いわゆる高級車は維持費があまりにもかかり過ぎる。私の収入では維持することが大変であった。

なので次回は燃費が良く維持費のかからないコンパクトカーに。色はイエローかレッドにしようと思っている。


話しが逸れてしまったが、何とか釧路まで到着。バスの時間までにはまだ1時間半あったのでフィッシャーマンズワーフ(MOO)にて再び買い物。

私は自分用に駄菓子を購入してしまった。

c0191622_22281406.jpg
これで260円くらい。安い!

買い物も終わり、MOOの館内をブラブラしながら今回の旅最後のひと時を過ごす。

2階や3階も時間を潰すには十分な展示物があったので楽しんで過ごすことができた。

そしていよいよ時間が。


昔から兄弟のように育ってきたD君。私は一人っ子なのでD君は実の弟のような存在なので別れるのが大変に寂しかった。小学校低学年までは別れ際によく泣いていたものだ。今は勿論泣かないが、それでも寂しかった。


吹雪からの凍結で路面は今シーズン初のツルツル路面。慣れていないため2度ほど事故りそうになるが何とか帰宅することができた。


今回の旅は3日間という限られた時間で、釧路を中心に北・東・西とくまなく巡ることができた。パニック障害の発作こそあったが、所持金を度外視して大変に充実した3日間であった。

次回、D君が釧路に来たら、阿寒湖畔や養老牛温泉、根室方面を検討している。釣りはワカサギ釣りを。楽しい旅になることを期待したい。


そして今週は金曜日に友人のT君と浜中で私の絵も展示されている13人展を見に行く予定を立てている。再びの旅である。次回は日帰りではあるが、楽しい旅になることを期待したい。

ちなみに12月は帯広のホテルに予約を入れているので十勝方面を一人旅で攻めようとしている。絵のためにもお金の許す限りで旅三昧だ。勿論温泉にもどんどん入っていきます! 車の不安だけは何とか解消したいが…

それでは3日間、お付き合い戴き本当にありがとうございました!


走行距離 538キロメートル
今まで訪ねた温泉 27(重複 8) 銭湯 7(重複 2) (2017年5月31日から)
そのうち入れた・飲泉した温泉 23(重複 8) 銭湯 7(重複 2)


応援クリック宜しくお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

絵画ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/28325061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2017-11-21 22:51 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。てんてるにて旅漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31