2017年を振り返る①

薄曇り。

気温は平年並みか、やや高め。

今年も残すところあと1週間。

例年通り? 今年も一年を振り返ってみようと思う。昨日もブログに250近いアクセスがあったので、色々な方が見ていると思うと手を抜くことができないので…(笑) 当面の目標は1000アクセスです!(大きく出ます(笑))

c0191622_13252341.jpg
1年前に「1年を振り返る」ブログで「個展まであと1か月」と書いたが、今年も全く同じ状況なのである。

ただ、この一年で変わったこととして、画風も少し変わったが、ひいき無しの自分の目で見ても確実に絵の実力が上がった。

絵の号単価も上げたのだが、それにも関わらず購入される方は逆に増えた。もう少しで本当に「絵一本」で生活を成り立たせることができる程になった。


また、これももう一つ大きな変化として、「漫画を描かなくなった」ことだ。厳密に言えば、ダブルワーク先等で要望が出れば描いているし、100%描かなくなったということでは無いのだが、少なくとも「漫画優先」から「絵画優先」に大きく舵を切った一年でもあった。

漫画に未練が無いという訳では無いが、漫画よりも絵画の方が「自分」というものをより表現することができると思ったのだ。

スキージャンプに例えるならば、絵画は一枚勝負なので「スペシャルジャンプ」。漫画は複合技なので「コンバインド(複合競技)」だと捉えている。

私の場合、ジャンプ(絵)は得意でもクロスカントリー(ネーム)が苦手だった。感動したり噴き出す程面白いストーリーを作ることが不可能に近いのだ。普通の漫画は難しいので「体験記」や「旅行記」、挙句の果てには趣味で年に何度か行く「パチスロ」を舞台に漫画も描いてみたが、どれもパッとするものは出来上がらなかった。

しかし、「絵のみ」であれば、まだこの世界で勝負ができることにも気が付いた。

この「絵の世界」で何とか生きていきたいので、今までは5:5で描いてきた「絵画」と「漫画」の割合を9:1にして、ほぼほぼ絵画専門の人間になろうと思った一年であった。依頼があればありがたく漫画も描くのだが、基本は絵画に賭けたいと思っている。

そういう意味では33歳にしてようやく決断ができたのかもしれない。


そんな松本直樹の2017年はこんな感じであった。人生でも3本の指に入る位、激動の1年であった。

c0191622_18550555.jpg
まず1月は何と言っても個展を開催したことに尽きる。(北の自然展)

搬入・搬出はいつもこのブログにも登場している整体師のT君に手伝ってもらった。

会場は大地みらい信用金庫さん。本当に素晴らしい場所であった。

個展では恩師の先生に再開する等、良い出会いも沢山あった。

この時は、札幌に移住する気満々だったので、釧路で個展をするのはこれが最後だろうと思っていた。

当時は、釧路を愛していながらも漫画の仕事を求めて札幌に行こうと考えていたのだ。今考えれば愚行としか言えない。


しかし、1年前の私は何を言っても分からなかっただろう。一途というか、諸突猛進の性格なので…

個展を無事終えた私は、その後札幌へ移住する。

これが地獄の2か月間となったのだ。

詳しいことを書くのは避けるが、あまりにも理不尽なことが続いた。1つや2つでは無い。役所や病院でも最悪の対応を取られた。私のことを「人として扱って」くれなかった。

最終的にはたったの2か月で、釧路に夜逃げ同然で帰ってくることとなった。

今となって考えれば、3度の札幌生活で良かったことはほとんど無かったと思う。都会と漫画の仕事に憧れて行っただけで、1度目の札幌では(専門学校生時代)持病のパニック障害が悪化するだけ悪化して帰郷。2度目の札幌はやはり病気が悪化して、仕事が忙しくなるわけでも無く帰郷。スキージャンプの船木さんをはじめチームメンバー、スキー業界の偉人達と知り合うことができたという良かった点もあるが…

そして今回の3度目…

私は札幌をはじめとする「都会」には向いていない人間なんだと感じざるを得なかった。

それよりも、今は田舎に行く方がワクワクしている。今後の人生は釧路を中心に「道東の人」として生きていこうと思った。

元々、この地元の釧路を心より愛しているので、釧路に戻ってきたことは運命なのかもしれない。

c0191622_19293376.jpg
そうそう。このブログでずっとお茶を濁していたことを書いてきたが、釧路に帰ってきて5月に野球チームを立ち上げたのだ。

やっぱり野球からは離れられない。でも今まで所属していたチームには札幌に何度も引っ越しているので出たり入ったりを繰り返し、個人的理由で大変に申し訳ないことをしているから、これ以上は戻る気持ちになれなかった。

ただ、どうしても野球がやりたい。

そこで札幌でも一からチームを立ち上げた経験を活かして、この釧路でも新たなチームを立ち上げることに至ったのだ。

チーム名は「ネクサス」。繋がり等と言った意味らしい。

最大の特徴はネットで選手を集めたこと。対戦したチームやチームメイトにも言われたが、この釧路はネットを使ってチーム紹介をしたり選手募集をしているチームが皆無に等しいのだ。札幌では当たり前のことであったが… それがハマり、半年で一気に15人以上のチームに成長した。

釧路の社会人野球は、まだまだ昔ながらの保守的・封建的なのかもしれない。

せっかく素晴らしい大改修された釧路市民球場ができたのだから、社会人野球ももっと盛り上がって欲しいものだと心から思う。

釧路はそこそこチーム数があるのに、ほとんどが朝野球で、日曜日に大会やリーグ戦をするという習慣があまり無い。札幌では数えきれない程の私設リーグが立ち上がって日曜日に試合を組んでいたので、いつの日か、釧路でも日曜日にリーグ戦ができる日が来ればと思っている。

今年はチームを立ち上げた時期が遅かったので大会には出れなかったのだが、来年は大会にも出場して、いよいよ本格的に全道・全国を狙っていきたいと思う。

また、私の野球生命も残り少ないと思うので、個人的に有終の美を飾りたいと思っている。


5月後半からは、温泉にハマった。

c0191622_21133388.jpg
(写真は標茶町かや沼温泉)

今でこそ温泉ブログでアクセス数も一気に上がって「ナオキブログ」は「温泉ブログ」と化しているのだが、実は今までパニック障害の発作が起きやすいということもあって、決して温泉は得意では無かった。

だが、5月28日に弟子屈へ取材を行った際、ふと川湯温泉に寄ったのだがそれがあまりにも快感で「私の新しい趣味」にしようと思った。

それ以来、この時は仕事がさほど忙しく無かったということもあったので1週間に2度のペースで温泉巡りを始めた。お金が無いので宿泊は基本的にしないのだが、釧路管内の日帰り温泉を攻めに攻めた。

新たな出会いが沢山でき、このブログのアクセス数も一気に上がり、やって良かったと心から痛感した!
この頃はまだ、札幌から帰ってきたことで傷心していたので何かに没頭できるものが欲しかった。


そして逆襲の2017年後半戦がはじまる…

②に続く。



応援クリック宜しくお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

絵画ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/28733711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2017-12-24 21:25 | 日記 | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。Webコミック雑誌「てんてる」にてVTuber虹河ラキと北海道を旅する漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31