釧ちゃん食堂へ行って来ました 2018① 03.22

曇り、夜半より雪。

明日以降は季節外れの気温にグングン上がるらしいが、ひとまず今日は冬の様な寒さであった。先日も書いたばかりの気がするが、三寒四温である。

次回の個展まであと10日となったのだが(搬入作業までは9日)、何とかあと1枚~2枚の新作を描き上げたいところである。

ポスター印刷が遅れていることが気がかり。

デザイナーさんがお忙しい中せっかく早急にデザインしてくださったのに、それをいつもと違うネットプリントさんに頼んだら予定を今の時点で2日間過ぎているのである。しかもまだ「データチェック段階」で「印刷段階」にすら進んでいないとのこと。「急ぎ」と言うことで頼んで、急いだ分のオプション料金も前払いで払ったのだが……

1番安いことだけをメリットにこのネットプリント会社で頼んだのだが、こことはもうお付き合いすることは無いと思う。

本当は昨日までに完成して到着。今日はお客様に発送準備をして、明日(金曜日)郵便局から発送しようと予定をしていたのだ。

「安かろう悪かろう」の最もたる例だと思った。


本日のブログは批判意見を書きたいのでは無くて、「食レポブログ」である(笑)

ここからは半分以上を食べ物ネタで書いていきます!


今朝は早起きをして整形外科へ行く予定だった。

と言うのも、先日内科で精密検査をした際に、内部疾患なのか外部疾患なのかをハッキリとさせるために整形外科で精密検査をして欲しいと言われたのだ。

そこで朝から整形外科へ行こうとしたのだが…

一軒目、駐車場が満車で入れず… 第二駐車場も満車…

二軒目、駐車場が満車で入れず……(笑)

今日の検査は諦めました(笑) 整形外科ってこんなにも混んでいるものなのね。

近いうちに行き直すことにして少し早い昼食とする。

いつもであれば一人の時はインデアンさんのカレーなのだが、せっかく街中まで出てきているので急遽「釧ちゃん食堂」さんへ行くことに。

昨年の11月に従兄弟のD君と初めて食べてからすっかりハマってしまって、一か月に一度以上は来ているような気がする。

とは言え、1人で釧ちゃん食堂さんへ行くのは初めてであった。


自由に使えるお金も本当に底をついているので、今日は安いものにしようと「カツカレー」を注文。(いつもは釧ちゃん食堂では1000円以上のメニューを頼んでいる。カツカレーは1000円以下である。)

「かしこまりましたー。」と店員さんが厨房へ消えていったのだが、3分後「申し訳ありませんが、カツが品切れでした」と私の元に謝りにきた。

とっても残念であったが仕方が無い。蕎麦やラーメンにしようかなとも思ったが、口の中は「カレー一色」だったので(笑)普通のカレーを注文し直した。

数分後、カレーが運ばれてくる。(700円)

c0191622_22175078.jpg
ゴロっとしているのはジャガイモでは無く、牛肉である。

「カレー好き」で知られる私だが、おばあちゃんやどこかのお母さんが作るような大きくカットした野菜がゴロゴロ入っているカレーよりも、このようにシンプルなカレーが好きなのである。

野菜を食べたいのでは無くて、シンプルにルーとお肉だけを食べたいんですよ(笑)

と言う理由で、釧ちゃん食堂さんのカレーは個人的にGOODである!


味はと言うと、あまり辛くは無いのだが、「ビター」な感じで大人向けのカレーである。

お肉はホロホロとしていて舌でとろける感じ。

インデアンさんと味の方向性は違うが、とても美味しいカレーであった。

喋る相手も居なかったので、3、4分位で一気に食べる。一気食べはカレーの醍醐味なので…

私がお店に入った頃は、10:45と言う中途半端な時間であったので私以外にお客さんが居なかったのだが、お店を出る頃になると次々とランチのお客さんが入店し始めていた。

釧ちゃん食堂は朝8:00~9:00頃と12:00~13:00頃は席が無い程に混むので、それ以外の時間に行くことをオススメする。

c0191622_01235643.jpg
釧ちゃん食堂
住所 北海道釧路市浜町3-18 くしろ水産センター1F
時間 7:00~15:00
電話 0154-25-1117


釧ちゃん食堂を後にして、数か所で仕事で使うもの等を購入。帰宅したのは14:30頃になった。

帰ってくると嬉しい荷物が届いていた。

九州は宮崎県にお住いになる私の絵のお客様から、九州の食べ物をまとめて送ってくださっていた。

c0191622_01383364.jpg
どれも北海道ではお目にかかれないものなので、子どものようにワクワクした。

お腹いっぱいなので、少しだけ食べたのだがどれも美味であった。

写真左端の「西郷せんべい」は美味しいのは勿論であったが、大きさ・固さ・風味等が弟子屈町川湯温泉の名物「大鵬煎餅」と似ている部分がありビックリしてしまった。

北と南。何千キロも離れているのに、こんなにも「似た感性」の食べ物を作られるとは文化が違っても共通するものがあるのかもしれない。

それ以外は北海道とは全く違う味や感性で、これまた美味しくも勉強になった。

パンフレットも同封されていた。

c0191622_01445590.jpg
道の駅等に行くと、私は必ずの様にその地域でしか出回っていないであろうパンフレットを取ってくる癖があるので、このような贈り物が大変に嬉しく感じた。

後ほど、ゆっくりと拝読させて戴こうと思う。



夜の遅い時間。

サッパリしたかったので、急遽釧路市の深夜まで営業している温泉へ。

今日は「温泉の紹介ブログ」や「温泉カウンター」は発動しないが、ゆっくりと浸かってきた。

現在温泉カウンターは、温泉36か所・銭湯9か所なのだが(約10ヵ月で)、実際にはこの倍は温泉・銭湯へ行っている。

ブログに書かない普段はほとんどが同じ温泉・銭湯なのでネタが重複してしまうため書かないだけである。

そう考えると1週間に約2回のペースで温泉・銭湯に行っていることになるので、本当に温泉好きになったんだなとしみじみ思ってしまった(笑)

昔はパニック障害が酷くて温泉・銭湯なんて大の苦手だったのに……


では、明日は仕事の打ち合わせやデスクワークが沢山あるので、時間も作れれば野球の自主トレもしたいのでそろそろ寝ようと思います。

お休みなさい。


あっ、明日から(日付的には今日から)センバツ甲子園である!

これは観なければならない!

北海道代表の駒大苫小牧、久しぶりに甲子園で旋風を巻き起こしてください!


応援クリック宜しくお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

絵画ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/29387116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2018-03-23 01:56 | 食レポ | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。Webコミック雑誌「てんてる」にてVTuber虹河ラキと北海道を旅する漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30