茅沼温泉 モールガーデン ホテルむらぎし【廃墟】へ行ってきました 2018.04.19

晴。

気温も高め。札幌や帯広では20℃を超えたらしい。日中はジャンパーも必要無く、パーカー一枚でも大丈夫であった。

日中は画材を買い出しに行ったついでに、久しぶりに「釧路市立美術館」さんへ足を運んだ。

「釧路の美術を支えた画廊の仕事」と言う企画展が気になっていたためだ。

私が最も尊敬する佐々木榮松先生の作品をはじめ、増田誠先生など釧路の大正・昭和時代の歴史を作ってきた芸術家たちの作品が展示されていた。

こんな素晴らしい企画展が140円の入場料とは驚かされるばかりであるが、あっと言う間の1時間であった。


本題に戻るが、今日のブログは温泉ブログなのだが、初めて廃墟の温泉施設へ行ってきたのでそのことについて書くこととする。

行ったのは丁度1週間前であったが、標茶町茅沼温泉の一つ「モールガーデン ホテルむらぎし」さんだ。

c0191622_00592980.jpg
こちらが外観。

壁も剥がれかけているのが分かる。よく館内を見ると魚が干してあったりタオルが干してあったりしたので、どなたかが住んでいるかもしくは倉庫代わりに使用しているのかもしれない。

場所は釧路から標茶に向けて国道を走ると、左側に「憩いの家かや沼」さんに通じる道があるのだが、その反対である右側に曲がるとこの「モールガーデン ホテルむらぎし」さんに通じる道があるのだ。

周りには数件の民家(もしくは別荘)が立ち並んでいる。

憩いの家かや沼さんは分かりやすい大きな看板が立っているのだが、むらぎしさんは小さな看板が一つあるだけで、標茶方面から釧路に向けての道だと山が邪魔をして看板を確認することすらできない。

大変に素晴らしい温泉施設なのだが、閉館となってしまったのはもしかするとこの施設へ続く道のりの視認性の悪さもその一つだったかもしれない。


むらぎしさんについて改めて色々調べたのだが、閉館になったのは2007年4月のことらしい。

私にとっては2度目の札幌移住をするまだ少し前で、人生2度目の個展を開いた頃であった。温泉のことにはまだまだ興味が無く、何よりパニック障害の発作が酷くてお風呂自体が苦手な頃であった。

c0191622_01152338.jpg
こちらはむらぎしさんを横から撮影。二つの建物は室内通路で繋がっており、奥の方が温泉施設と温水プールになる。

そうなのだ。ここの魅力の一つとして温水プールが併設してあったのだ。

小学生時代の私は心臓病で小学校5年生までプールで泳ぐことが禁止であった。水泳が医者より解禁となってからは、父と2人でむらぎしさんに来た時は父が温泉で私はプールで一人水泳の練習と言うことが何度もあったのだ。本当に思い出深い施設である。


温泉の方も大変に魅力的で、なんと「3つの源泉」があると言う他の温泉施設でも滅多に見ることのできない温泉であったのだ。

だからこそに閉鎖が悔やまれてならない。

ちなみにその3つは…

・ナトリウムー塩化物泉 (憩いの家かや沼と同じ種類のものと推定)
・含フッ素ー単純硫黄泉 (モール系の泉質)
・単純温泉

1つの施設で3つの温泉に入る事ができるなんてなんとも贅沢すぎる。

私が年収1億円以上だったら閉鎖されたむらぎしさんを買い取って改装し、新たな温泉宿として経営したいくらいである(笑)


最後に玄関はこのような感じである。

c0191622_01273419.jpg
茅沼温泉 モールガーデン ホテルむらぎし
閉鎖時期 2007年4月
泉質 
・ナトリウムー塩化物泉
・含フッ素ー単純硫黄泉
・単純温泉
住所 北海道川上郡標茶町字シラルトロエトロ16-25


まさか廃墟を巡るだけでは満足できないので、国道に戻り憩いの家かや沼さんの温泉に入り自宅へ戻りました(笑)


◆温泉カウンター◆
走行距離 58.1キロ
今まで訪ねた温泉 40(重複 14) 銭湯 9(重複 4) (2017年5月31日から)
そのうち入れた・飲泉した温泉 34(重複 13) 銭湯 9(重複 4)

ついに訪ねた温泉がブログ掲載上だけで40か所となった。(銭湯は除く)

ほぼほぼ釧路管内だけではあるが、かなりの施設を周ることができたと思う。だがしかし、温泉が活発な北海道道東地区。完全制覇への道はまだまだ長い。


最後に個展のお知らせ。

いよいよ今回の個展「松本直樹展 空と大地」も残すところ10日となった。

c0191622_21553767.jpg
場所は北海道釧路市愛国の介護付有料老人ホーム悠和館さんです。

老人ホームではありますが、一般の方もご高覧可能ですので是非ともお越しください。

期間は30日の午前まで。

少しでも多くの方とお話をしたいので、絵の説明が聞きたいと言う方はご遠慮なくブログのコメント欄かこちらまでご連絡をお待ちしております。
mugennnihirogarudaiutyuu@msn.com 松本まで。

お互いに時間を合わせて会場で合流すると言う形にしたいと思います。


応援クリック宜しくお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

絵画ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/29444297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2018-04-20 01:44 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。てんてるにて旅漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30