五十石温泉 レストラン草原【廃墟】と標茶取材 2018.05.16

曇り。

札幌では25℃を大きく上回ったらしいが、釧路は15℃にも満たなかった。ただ、再三書いてきたがこれくらいの温度の方が釧路らしくて過ごしやすく感じる。

そんな私の一日のリズムはと言うと… (1月の個展以降)

7:45 起床
8:00 朝食など
9:00 仕事
13:00 昼食、そして午後の仕事
17:00 夕食と休憩
19:00 再び仕事
22:00 軽食と小休憩
23:00 仕事
翌3:00 風呂と休憩
翌4:00 就寝

1日14時間くらい働いているんです(汗) そのうち、キャンバスに向かって絵を描くのが8時間~10時間ほど。締め切りが近付いてきたら20時間労働と言うこともあります。これから漫画の連載も久しぶりにする訳だし、そうなったら20時間労働と言う日が本気で増えるんだろうな……

嬉しい喜びだし、仕事には生き甲斐を感じているので全く苦にはなりません(笑)

そんな本日は取材を兼ねて標茶方面を巡ってきた。これが漫画になるとは限らないので、そこは強調をして書いておく。


12:30出発。

自宅近くのドラッグストアでコーヒーと飴を購入して標茶方面へ車を走らす。


その途中「五十石」と言う地区がある。(釧路から標茶に向けて4分の3くらい進んだ辺り)

「ごじゅうせき」や「ごじゅういし」では無く「ごじっこく」と読む。

その昔、国道沿いに「五十石温泉 レストラン草原」さんがあり、今は廃墟となっているのだが今回の取材の最初にこちらを撮影してきた。

c0191622_20010555.jpg
釧路から標茶へ続く国道沿いに大きな看板があり、建物も見やすい位置にあるので恐らく多くの方が知っている場所だと思う。

焼肉と中華がメインのレストランだったらしい。

そしてその建物の中に温泉施設も併設してあったのだ。

c0191622_20290016.jpg
c0191622_20292181.jpg
外壁が崩れると言うようなことも無く、今でもしっかりと建造物は残っている。



先にレストランが店をたたんでしまったらしく、その後もしばらくの間は温泉施設のみで営業を続けていたらしい。(この近くにある味幸園さんに似た経緯だ)

自宅に帰ってから、こちらの施設について調べようとしたのだが……

驚く程に情報が出てこない。営業当時はまだインターネットが普及するかしないかと言う時代だったので仕方も無いが…

分かった情報だけを書いていくと…


五十石温泉 レストラン草原
閉鎖時期 不明
泉質 ナトリウムー塩化物泉
泉温 47.8℃  pH 8.0
住所 川上郡標茶町下オソベツ1-2


泉質・泉温・pHを見てみると、標茶町中心部のモール温泉の泉質では無く、「かや沼温泉」に極めて近い温泉だったと予想できる。数少ない情報を見ると「塩味がする」との記述を見たので、これは「かや沼温泉」と同じである。

同じであるとすれば、かや沼温泉最大の「憩いの家かや沼」さんの方が施設も温泉も大きく宿泊施設やレジャー施設・キャンプ場も併設してあるので、更には釧路にもより近いので、かや沼温泉が残り残念ながらレストラン草原さんが閉鎖されるのも頷けるところである。

場所は国道沿いでJRの駅も近く(駅は2017年に閉鎖)大変に良い場所ではあるのだが、標茶は温泉も盛んなので生存競争が激しかったのだろう。


建物自体は閉鎖されているのだが、何故だか自動販売機だけは健在なのである。

c0191622_20531721.jpg
レストラン草原さんは、駐車場は閉鎖されずに長距離トラックがこの駐車場をよく休憩場として使っているので、運転手さん達用に残したのかもしれない。


では改めて標茶町中心部へ。

せっかくだから親にお土産を買おうと思い、中心部のパン屋さんへ。

c0191622_20554828.jpg
ここのパン屋さんは価格も抑えられているので使いやすいお店である。

なかなか人気があるのか、私が訪ねた13:30時点でかなりのパンが売り切れていた。残っていたものを4つ購入した。


温泉の廃墟を見ただけでは「私も温泉に入りたい!」と言う気持ちが増大するだけなので、ここで中心部の温泉へ。

c0191622_21035384.jpg
今年2度目の「富士温泉」さんである。

c0191622_21053943.jpg
先客が2名居たので身体を洗いながら先客が出るのを待ち一人になったところで撮影。

浴室の温度も、お湯自体もいつも熱いのだが今日は特に熱かった。普段は何とか10分程浸かることができる丸い方の浴槽も、今日は1分で限界になるほどに熱かった。

加水用の蛇口は付いていないので、熱いお湯が苦手な方は今日の富士温泉さんは入る事ができないと思う。

富士温泉さんは温泉水の冷却用に若干の水を使用しているのだが、今日は使用していなかったのかな?

熱い風呂が好きな方にはたまらない温度だと思う。

私は仮に今日のように熱くても、富士温泉さんが大好きなのでこれからも行き続けることに変わりはない。

富士温泉さんについては過去のブログで何度も何度も書いてきているので、詳しい温泉の写真等は以前のナオキブログを参考にして欲しい。

温泉情報だけは今日も載せておく。


標茶町 富士温泉
泉質 アルカリ性単純温泉(モール温泉)
営業時間 6:30~8:00 12:00~21:30
休館日 毎月10日
料金 大人360円 小学生140円 未就学児70円
宿泊 素泊まりのみ 4,000円
住所 北海道川上郡標茶町富士5-26
電話 015-485-3003


他にお客さんが居なかったのでカウンターの女性と少し話してきたのだが、宿泊施設としても開放されていて、一泊4.000円で宿泊可能とのことであったので情報を付け足しておくことにする。ただし、「食事は付かないので近くで飲食をしてください」とのことであった。


その後は標茶駅付近を探索して、最後に標茶町の「A-coopしべちゃ」さんへ。

先月、鶴居村の「Aコープつるい」さんを訪ねた時に色々と衝撃を受けたので標茶のcoopにも興味があったのだ。

c0191622_21395355.jpg
駐車場にはソフトクリーム屋さんの小屋もある。今日は閉店時間を過ぎていたため買えなかったのだが、次こそは買いたいところである。

c0191622_21411302.jpg
Aコープつるいさんはコンビニの2倍ほどの小さな店舗であったので、しべちゃさんはどんな感じだと思っていたら予想を遥かに上回る広さであった。

恐らくAコープつるいさんの8倍~10倍ほどの面積はあったと思う。釧路市内の中規模スーパーと変わらない広さであった。


次に注目していたのが食品の値段。つるいさんは先月のブログでも書いたが目の飛び出る程の高さであったが、しべちゃさんは釧路市内よりは高かったものの、思っていたほどの高さでは無かった。近くにもスーパーがあるので価格競争が起きているのかもしれない。

最後に商品。酪農地帯であるので牛乳をメインとする乳製品はかなりの品数があった。また、焼き肉用のお肉も種類が大変豊富であった。


アイス売り場ではこれも見つけることができた!

c0191622_21503449.jpg
「憩いの家かや沼」さんで食べて以来すっかりファンになってしまった「しべちゃ牛乳アイス」だ。

家に持って帰る間に溶けてしまうので、こちらは車で食す。親にはお土産用にパンも買っているが、こちらでもせっかくなのでお肉を購入。


帰宅すると18:15頃であった。

このことを連載する旅漫画の第一話として描くかは全く分からない。来週も取材をする予定なので、総合的に決めていきたいと思う。


温泉カウンター

今回の走行距離 84.1キロ
今まで訪ねた温泉 42(重複 15) 銭湯 9(重複 4) (2017年5月31日から)
そのうち入れた・飲泉した温泉 35(重複 14) 銭湯 9(重複 4)


温泉ブログを本格的に開始してからあと2週間でちょうど1年となる。

始めから読みたい方はこちらのリンクから順番にお読みください。当時はまだまだ慣れていなかった私の過去が読めると思います(笑)
阿寒湖温泉 まりも湯・オンネトーに行ってきました2017

一年で記事にした温泉・銭湯も合計50か所をついに超えた。だいたい週に1回ペースだね。

温泉を巡る漫画の連載も決まったことだし、温泉ブログ2年目は是非とも50か所を超える施設を訪ねたいものである。問題はその資金をどうやって捻出するかなのだが…(笑) 地元の入浴施設はほとんど行き尽くしたので、これからは遠征が主体となってくるであろう。


最後に改めてブログからお願いします!

クラウドファンディングで皆様からご支援を募り「人生初の画集を出そう!」と言うプロジェクトを開始しました。

開始から5日が過ぎましたが、私の告知が不足していたために(本当はもっと下準備をしっかりするらしいです)目標金額まで全く届いていない現状です…

画業15年を記念して、更には平成時代を締めくくるものとして「画集」を何としてでも出版したいです。

皆様のご支援、心より宜しくお願い致します!

こちらから➡ 北海道、道東の風景を全国へ。松本直樹初の画集を出版したい


こちらの応援クリックも宜しくお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

絵画ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/29498469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2018-05-16 22:14 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いたりしています。社会人野球もやっています。


by 松本直樹
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31