松本直樹 北の自然展2018 3日目 2018.06.20

雨後曇り。夜半より再び雨。

北の自然展2018、3日目について早速書いていこうと思う。

所用のためブログの書き始めの時間が深夜0:30となってしまった。今日は足早に書いていきます。


個展会場の大地みらい信用金庫さんに到着したのはジャスト10:00

最初は昨日以上にのんびりとしたスタートであった。11:30を過ぎるまでお客様は1名もいらっしゃらなかった。

外はかなり強い雨が降っていたので仕方の無いことである。

その間、ワイヤーがずれてしまった作品などを掛け直しお客様がいらっしゃるのを待つ。

c0191622_00320141.jpg
ワイヤーの壁への固定が禁止されているため、どうしても少々ぐらぐらした状態となってしまっている。これは壁を傷つけない為にも仕方の無いことである。

唯一、養生テープでの固定は許されたのだが、私の持っている額縁は重厚なためテンションがかかってしまい、直ぐにテープが剝がれてしまうのだ…

画像が最大限バランスを取った状態であるので、これからいらっしゃる方はこのことをご了解の上ご高覧ください。


11:30。

村井朋子さんがいらっしゃった。

何を隠そう、今回の個展のメイン作品である「米町展望台」のお写真を提供してくださった方である。

こちらの作品。

c0191622_00403866.jpg
個人的にも気に入っている構図の作品である。

作品については後日、ブログでも詳しく「絵画カテゴリ」でご説明しようと思う。


村井さんはお写真を提供してくださっただけでは無く、お昼ご飯の差し入れも持って来てくださった。お心遣い、心より感謝致します。大変に美味しいパンとカフェオレでした!

c0191622_00434672.jpg
ご本人のお顔も撮影させて戴きたかったのだが、お写真はNGとのことであったのでお土産のみ撮影させて戴きました。

村井さんは普段から素晴らしいお写真をSNSに投稿されているので、また機会があれば作品のモチーフとして使わせて戴ければありがたい限りである。


あっと言う間に昼となり、15分ほど車に戻り昼食休憩を取る。カフェオレも淹れ立てで個展が始まってから初めて温かい昼食を摂る事ができた。


この頃になると一旦雨が上がり、大地みらいさんへのお客様が一気に増えてきた。

個展会場にも午前中はあんなにも人が居なかったのに、引っ切り無しにお客様がご高覧くださるようになった。


そして13:00。

「釧路を描く作家たち」のメンバーとして活動なさっている画家のマシオン恵美香先生とそのご友人がお二人でいらっしゃった。

色々なお話もさせて戴き、大変に嬉しい時間を過ごすことができた。

c0191622_00535725.jpg
今回の作品群の中で特に気に入ってくださった「木の芽風」の前でマシオンさんを撮影をさせて戴きました。ご友人は撮影NGとのことでしたので文章でのご紹介に留めさせて戴きます。

更に、マシオンさんからは美味しいお菓子を、ご友人の方からは可愛いノートのお土産を戴いた。

この場をお借りして、改めまして本当にありがとうございました!

c0191622_00571703.jpg
c0191622_00573199.jpg
お二人をお見送りした直後、「子どもが絵が好きなので子どもに見せて戴くことはできますか?」と言う女性がいらっしゃった。名前は控えます。

まだまだ画家活動14年目の私ではあるが、一人でも誰かの為になることができるのであれば老若男女問わず大歓迎です!

いつでもどなたでもご高覧戴ければと思います。

このお客様としばらくお話をしたところで14:30。後片付けの時間となった。

小説の執筆も進めようと思ってはいたが、多数のお客様で思ったほど進めることはできなかった(笑) あくまでも今は「絵画」の個展なので、これについてはありがたい限りである。


個展の回数を重ねる毎に思うのだが、私の絵は女性向きなんだと言うことが分かってきた。

今から5年以上前。写実で描いていた頃は、どちらかと言えば男性のお客様が多数を占めていた。

しかし近年は、具象画でパステルカラーの絵が増えてきたこともあるのか、個展にいらっしゃるお客様は7割~8割以上が女性である事に気が付いた。今年に入ってからはその流れも特に顕著になってきた。

実は年間でご注文を戴く絵画も、近年7割は女性である。

勿論、どちらが良くてどちらが悪いと言う話しでは一切無い。

分かったことによって、今後どのような作品作りをしていくかと言う思考にも繋がっていくので、知らないよりは知っていた方が断然に良いのだ。


作家さんによっては、「絵は芸術なんだから、お客様に媚びた作品を作るな。芸術家らしく我が道を行け!」と仰る方もいらっしゃる。

これは絶対に間違いでは無いし、反論をするような気持ちも一切無い。

ただ、これも同時に考えなければならないことなのだが、「絵一本」で食べている以上、お客様に喜んで戴ける作風の絵を描くことも同時に必要となってくる。

しかし、芸術家であると言うことも忘れてはいけない。

大切なのはこの2つのバランスである。15年近く活動をして、ようやく少しずつ自分なりの結論を持ち始めた部分である。


個展と言う期間はこのようなことを真剣に考えることの出来る期間であるので、色々な面で成長をさせてくれる貴重な時間だ。



15:00。個展会場を後にし、昨日は定休日で食べることの出来なかった丼丸さんの海鮮丼を今日こそ買って帰宅。

c0191622_01203151.jpg
今日はサービスデーだったので、これで500円ポッキリである。

安くて美味しいので定期的に使っています。


ネームの審査も通ったので、今日こそ漫画の原稿を描いていきたいと思ったのだが、用を足しているとあっと言う間に深夜となってしまった…

7月の個展までに新作も作らなくてはならないし、相変わらず睡眠時間の無い日々が続いている。

全て自分のやりたいことであるので、全て楽しんで活動させて戴いています。


明日はクラウドファンディングの記事を更新しようと思っているので、ブログの更新については一旦お休みさせて戴く予定です。時間が間に合えば更新します。

それでは個展4日目も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

c0191622_22565594.jpg
急用が無ければ、毎日10:00前後から14:45頃まで在館しております。12:00前後から15分程、昼食休憩のため席を外す時間帯があります。

今回は個展初日に大阪での強い地震があったことに対して、私にも何か力になることが出来ないかと思い、急遽チャリティーの意味合いも込めた個展とすることにしました。

もし、原画の販売に繋がった場合は、売り上げの一部を被災地へ寄付致します。

皆様のご理解とご協力を心よりお願い致します。


個展期間に入ってから再び順位も上昇中!
今日も応援クリックを宜しくお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

絵画ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/29588606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2018-06-21 01:30 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。Webコミック雑誌「てんてる」にてVTuber虹河ラキと北海道を旅する漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30