松本直樹展 涼風が吹き込んで 搬入作業・2日目 2018.07.03

大雨(7月3日)。

7月1日も2日も雨。雨ばかりが続く。このブログは3日の早朝に書いているが今現在で激しい雨。この後更に雨脚が強くなるらしい。

本日のブログは1日の個展搬入作業。そして2日の昨日の出来事について書いていこうと思う。

先ずは搬入作業について。

前日の深夜まで絵を描いていたためほとんど眠ることができなかった。そのため、朝起きた時点でかなり強い吐き気と目眩が襲ってきた。「こんな状態で搬入作業ができるのかな?」と不安な気持ちにもなりながら多めに薬を飲んで先ずは車に作品を運び込む。

外は雨が降っていた。

c0191622_05062216.jpg
6月度個展の約半分の作品数である。そのためトランクにはかなりの余裕があった。

吐き気を抑えるための頓服薬を飲みながら、何とか積み込み作業を終了した。


早速、朝一で会場へ。

段々と雨が強くなってくる。少しでも雨に濡れると作品を入れている箱がふやけてしまうので、心配しながら会場へ到着した。頓服薬が少しだけ効いてきたのか、会場に到着した時点では本当に少しだけ吐き気が楽になっていた。

c0191622_23532008.jpg
釧路市の喫茶店。珈琲堂linoさん。

予定時間より少し遅れてしまったため、直ぐに搬入作業を開始する。何とかお客様がいらっしゃる時間帯までには全てを完了させなくてはならない。

まずは、改めてスペースを確認。とにかく時間が無かったので(と言うのも、晴れた場合は昼から野球の練習があったのだ)、今まで毎月行ってきた設置作業の勘を頼りにどんどん作業を始める。

c0191622_23571971.jpg
今回はピクチャーレールが無いタイプの会場のため、オーナーさんと話し合いの末、絵画展示用の釘を打つことにした。

いくら「釘を打っても大丈夫」と言われていても、大きな穴や傷を付けるとあまりに申し訳ないため、釘打ちだけは慎重に作業を進める。

全体のバランスを見ながら少しずつ(でも急ぎながら)釘を打ち、絵を掛けていく。

c0191622_00002356.jpg
c0191622_00012893.jpg
途中、野球チームのマネージャーに雨の状態を聞きながら、野球のことも考えながら作業を進行する。私が野球チーム代表なので、このようなところも考えなければならない。

別に頭が良い訳でも無いのに考えることがいっぱいなのだ(笑)

結果的に雨はどんどん強くなったので、練習は中止とすることにした。


これで個展の搬入作業のみに集中できることとなったため、ここからは更にスピードアップして作業を始める。この辺りにくると、吐き気の方も8割方引いてくれていた。

10:00。オープンまで残り1時間。写真撮影する暇も無く全力で設置作業。

そしてオープンまで残り約20分となったところで、何とか作業が間に合って全ての作業が完了した。

作品の全ては是非ともお越しいただいてご高覧戴きたいので、今回は一部のみを公開します。

c0191622_00081952.jpg
c0191622_00085080.jpg
本当はお昼ご飯を食べながらお客様を待つことも考えたのだが、寝不足が続いていたこともあり頭はかなりボーっとしていた。

「このままでは帰りの運転がヤバイな」と思ったので、少しでも早く自宅へ帰ることとした。

帰宅とともに、この一週間は歯の痛みにも悩まされていたので、バファリンを服用してベッドに入った。

恐らく3時間は寝たと思う。もし仮に野球があったらと言うことを考えるとゾッとした(汗)


このブログはネクサスのチームメンバーも何名か読んでいる可能性があるので、また、シーズンも中盤なのであえてそろそろ書いておこうと思うが、チームには残ったとしても選手としての現役の時間はもうほとんど残されていないと思います。

身体のこと、仕事のこと、全てのことを冷静に考えていくと、本当にこのままでは過労死してもおかしくないラインに来ています。これまでに書いた私のブログを読んでいけば忙しさについては分かって戴けると思います。

チームを作った1年と数か月前は、まさか翌年にこれ程までに仕事が忙しくなるとは1ミリたりとも考えていませんでしたし、そうなるのであればチームを作ることはそもそも考えません。私自身がまだまだプレーをしたかったですから(汗)

私にとって考えもしなかったことが本当に次々と起こっている状態ですので、皆さんには「分かってください」としか言いようがありません… ようやく各所から仕事を戴けるようになった立場ですので、「野球があるので仕事は休みます」とはプロ野球選手でもない社会人として言えるはずもありません。

ただ、せっかく作ったチームですから、仮に私が選手を引退したとしてもどんどん強くなって欲しいですし、ネクサスの灯を絶やすつもりは一切ありません。

今、これからのチームのことを本当に色々と思案しています。時が来たら皆さんにお伝えします。

チームメンバーの誰かがこのブログをもし読んだのであれば、今すぐでは無いですがそう言うことも頭の隅に入れておいて戴ければと思います。少しずつではありますが、私が休んだ時も昨年から居るメンバーが役割を自覚して行動するようになってきてくれているので、そこは本当に安心しています。


今日の時点ではここまでに留めておきます。


夕方に起床後、歯の違和感を強く感じながら夕食を摂り、6月の個展中で忙しくて出来なかった雑務を一気にこなしていく。

昼過ぎに寝たはずだが疲労は増すばかりであるので、この日だけは深夜0:00を回った時点で眠ることにした。普段は4:00近くまで作業をしているが、この日だけは身体が持たなかった…


翌7月2日。個展「涼風が吹き込んで」2日目の朝。


4:00に起床。

と言うのも、歯が極限までに痛くなっていたのだ。痛みに耐えられずに起きてしまった感じだ。

朝一でバファリンを飲み、少しでも寝ようと思うが痛みは取れず一向に眠気が襲ってこない。

今までずっと我慢をしてきたが、とうとう歯医者さんへ行く決心を固める。


何とか朝ご飯を食べ終え歯医者さんについてネットで色々と調べてみた。今まで行っていた歯医者さんに行くのも一つの手であるかもしれないが、ちょっと思うところがあったので初めて行く場所を探すことにした。

Facebookで色々な方からオススメの歯医者さんを教えて戴いたので、皆さんに教えて戴いた場所を順番に当たっていく。

3軒目。「急患でも診てあげるよ」と言ってくださった場所があったので、直ぐに支度をして歯医者さんへ向かった。


いつものナオキブログであれば、ここで歯医者さんの建物の写真をアップするところなのだが、あまりにも痛かったために撮影することも忘れていた(汗)

今回治療して戴いたのは釧路市の「おおくぼ歯科医院」さん。

先生もスタッフの皆さんも優しく、私の過緊張もトークで解きほぐしてくださった。

何よりビックリしたのが、先生もスタッフさんも私の事を知っていたのだ(笑)

どうやら、以前からFacebookで私の投稿をご覧になってくださっていたらしい。こうなると私も自分の状況を一から説明する必要が無くなるのでありがたい限りである(笑)


検査をしてみるとどうやら詰め物の裏側に巨大な虫歯があったらしい。その歯は2年間に他の歯医者さんで治療をした歯で、治療後直ぐの段階で痛みが走っていたのだが、当時治療してもらっていた先生からは「最初は痛いけど半年くらいしたら治るから」と言われていたので、そのお言葉を信じて気が付いたら2年の月日が流れていた。治るどころか、逆に悪化していた訳だが…(汗) きっと最初の時点で虫歯が残っていたのだろうね。


そうと判れば治療をするしか無い。しかし私は以前から麻酔が本当に効きにくい身体である。

先生が何本も麻酔を打ってくださるのだが一向に感覚が無くならない。それでも、相当な本数を打ったところでようやく効いてきた気がした。

そこからが早かった。歯を一気に削り抜髄。

普段は苦手なあの「キー――――ン」となるドリル治療が永遠の時間に感じてしまうのだが、今回はビックリする程の速さに感じた。

私は思った。「この先生はプロフェッショナルだな」と。

巨大な虫歯なのに、あれよあれよと言う間に治療が進んでいく。

私は札幌に引っ越したり釧路に戻って来たりを繰り返して、その度に少なくとも8軒以上の歯医者さんで治療をしてきたが、おおくぼ歯科医院さんの腕は間違い無く一番だと思った。

自宅から多少遠いと言うことだけがネックではあるが、今後は末永くこちらのお世話になりたいと思っている。


治療は素晴らしかった。しかし、へなちょこな私は過緊張ですっかり血の気が引いてしまい、病院を後にした後に近くのスーパーの駐車場で1時間半の仮眠を取ってしまった。

その間に、個展会場のlinoさんから電話が来る。プレゼントがあると。

急遽、私はlinoさんへ車を走らせた。

すると、個展を祝うお花が届いていた。

c0191622_01052652.jpg
マシオン恵美香先生からであった。

私の事を気に留めてくださってありがたい限りである。この場を借りて、本当にありがとうございました!

素敵な花で、しかも大きくてビックリしました! 今回の個展は一か月の長丁場ですが、最後まで頑張ります!


治療から2時間以上が経ったこともあって、麻酔も切れ始めお腹も空いてきたので昼食をlinoさんで食べることにした。

時間は15:00頃であったが、本当に沢山のお客様がいらっしゃっていた。

linoさんは珈琲堂なのでコーヒーは勿論美味しいのだが、フードも充実していて予約があればお弁当を注文することも可能なのだ。

この日は前から食べたかった「焼きカレー」を注文。

15分程で熱々の焼きカレーが運ばれてきた。

c0191622_01240949.jpg
写真をご覧戴ければ判るであろう。

美味いです! 本当に美味かったです!

濃いめのルーにチーズを絡めながら食べると丁度それが口の中でとろけるように中和されて、熱々なのにスプーンが止まらないのだ!

更に食べ進めると中から半熟卵の黄身が出現。

c0191622_01280632.jpg
これを絡めると口の中が更に濃厚さで満たされた。

自他共に認めるカレー好きの私であるが、一切のお世辞を抜きにして本当に美味しい焼きカレーであった。

個展のブログでは無くて、完全にグルメレポのブログ内容になってきたね(笑)


私がこれまで絵の仕事を通して関わってきた飲食店は、そのほとんどが共通して「焼きカレー」がメニューにあり、その一店一店がそれぞれ個性的で美味しいのだ。

釧路町のカフェシュエットさん、釧路市のレストランワンピースさん、そして今回のlinoさん。

3店舗とも、一切のお世辞を抜きに美味しい焼きカレーです。カレー好きの方は是非とも制覇してみてください!


何より、2年間耐え続けてきた歯の痛みから解放されて食べた大好きなカレーは最高であった。


痛みにも解放され、プレゼントも戴き、美味しいものも食べ、大満足で帰宅をした。

そして帰宅をすると……

c0191622_01380693.jpg
お約束です(笑)

勿論美味しく戴きました(笑)

家族は私が外でカレーを食べてきたってことは知らないからね。

たぶん、年間1095食中(365日×3食)、200食かそれ以上がカレーである。その内の100食はインデアンのカレーだが(笑)

カレーの食レポはこれからもどんどんしていきます。


最後に気を引き締めて、7月の個展が改めまして始まっています。

c0191622_01543966.jpg
1カ月という長丁場です。今回は大々的に作品とポストカードの販売もしております。

欲しい絵がある場合はお店の方に、お名前・ご住所・お電話番号をお知らせください。後ほど私の方から連句を差し上げて、絵をお渡しする形となります。次々と展示作品の内容も変えたいと思っていますので、個展期間中のお渡しも可能です。

飲食店での個展のため私は常時在館ができないのですが、お時間を事前にお伝え戴ければお店で待ち合わせをしてお会いすることも可能です。その際に詳しい作品の説明を差し上げることもできます。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


7月もどんどんブログを書いていきます!
下の画像を応援クリック宜しくお願いします!
目指せランキングトップ10!!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

絵画ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/29612985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2018-07-04 02:02 | 個展・グループ展関係 | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いたりしています。社会人野球もやっています。


by 松本直樹
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31