FMくしろ番組出演と釧路銭湯かつら湯に入浴 2018.09.25

曇り。

今日は書かなければいけないことが沢山あるので前置きの文章無しで早速本文にいきます。


まず9月25日から。

昼から地元北海道のラジオ放送局「FMくしろ」さんの番組で私の漫画や絵画の活動を紹介してくださるとのことで、私も出演をさせて戴くことになったので打ち合わせも兼ねて11:00過ぎを目安にラジオ局へ。

今年に入ってからは個展のことや野球のことで何度か私のことを取り上げてくださったり、収録で音声を録ったことはあるのだが生放送に出演は今回が初めて。

パニック障害になってからは公の場に出ることが苦手になってしまったため、5日くらい前から過緊張状態であった(笑)

私は名前を売る仕事をしている訳だから、これからはこの状態にも慣れていかないとね。強く思った。


何を話すか考えながらラジオ局へ到着。

c0191622_00042646.jpg
1階がコーチャンフォーと言う北海道最大手の一つである大型書店が入ってある建物で、ラジオ局は2階にある。

この辺りから緊張で頭の中はほぼ真っ白であった(笑)

本場中にパニック障害の発作が起きたら困るので頓服薬を飲むか最後の最後まで悩んだが、眠くなって頭が回らなくなる副作用があるため、結局は飲まずに出演させて戴くことにした。


今年から個展などで色々とお世話になっている神戸彩香さんがパーソナリティの番組に出演の予定であったため、昼前に神戸さんと打ち合わせをして12:10から私の出番が始まった。

20分の番組だったが緊張で何を話したのか半分くらい覚えて無いが、とにかく漫画「ひょうひょう!」についてと絵画の個展についてはしっかりお話しすることができた。

最後に番組恒例のジャンケンをして(私の勝ちでした(笑))終了。

頓服薬を飲まずに全てできたことは私の中で一つの大きな自信になった。色々ブログ用に撮影してこようと思っていたのだが、緊張で頭から全て吹っ飛んでいました(笑) そのため写真は上記の1枚のみ。

帰り道で母校・釧路北陽高校時代に数えきれない程通っていたパン屋さんで久しぶりにパンを購入して帰宅。店名が変わっていたので経営母体も昔と違うかもしれないが、パン屋としては同じ建物で継続中であった。

c0191622_00231991.jpg
写真は暗く写ってしまったが(汗)、左下の激辛カレーパンは特に美味しかった!


緊張の糸が切れたのか、パンを食べた後に猛烈な眠気が襲ってきたので14:00~16:00まで2時間爆睡をしてから仕事を再開した。


ちなみに…

これからもFMくしろさん、パーソナリティの神戸さんと宜しくお願い致しますと言うことでナオキブログにて右のリンク集にリンク先を追加させて戴いたので、読者の皆様は是非こちらもチェックしてください。

FMくしろ公式サイト(別ウィンドウが開きます。右のリンク集にも追加済みです。)

パーソナリティの神戸さんのブログ(別ウィンドウが開きます。右のリンク集にも追加済みです。)


ここまでが今日のブログの3分の1です。

ここからが9月19日に入浴してきた釧路銭湯「かつら湯」さんについての文章になります。


9月19日は入浴の前に、運転免許証の更新手続きからのスタートであった。

天気は快晴。3度目の正直であった。

8月は漫画の締め切りや個展などで何度も計画を立てながら行くことができず…

9月に入り個展が終了し、「明日こそ免許更新に行こう!」と計画していたところで先日の震災と大停電で機を失う…

そして今回が3度目の正直であった。

場所は釧路運転免許試験場。

c0191622_00392569.jpg
ここに来るのは恐らく12~13年振りとなる。

前回、前々回の免許更新は札幌に住んでいた時に厚別警察署で更新作業をしたため、久しぶりの地元での更新となった。

ちなみに今回もゴールド免許更新中。

優良講習だったため講習時間も大変に短かったのだが、短い時間で教官がこのような事を話していた。

「先日の地震と大停電で釧路地方の信号機も消えてしまいました。関係者は交通事故が飛躍的に増えるのではと危機感を持っていたのですが、なんと逆に交通事故は正常な時よりも少なかったのです! お互いに思いやりを持って運転をしたからだと思われます」との内容であった。

信号が無いから事故が起きる訳では無くて、あった方が場合によっては過信運転で逆に事故は増えてしまうのかもしれない。大切なのは「思いやり」なのですね。


免許更新を終え、普段は行くことのない釧路市の西側へせっかく来ているのだから今日は西側の銭湯を開拓しようと思い、上記にも書いた「かつら湯」さんへ行くことにした。

初めて行く場所なのでナビを頼りに目的地へ。


太い通りから一本中道に入ったところにかつら湯さんの駐車場が見えてきた。

c0191622_00584481.jpg
昼過ぎであったが、既にかなりの入浴客が使用しているようだ。

写真左側に通路があり正面玄関へたどり着くことができる。

こちらが玄関。

c0191622_01012687.jpg
元々は大きな通りからこちら側に車を停めて直ぐに入館できるようだったのだが、手前に位置するセブンイレブンさんの駐車場にフェンスを作ってしまった都合もあり、今は裏手側に車を停めることになっているらしい。初めて来る方は迷ってしまうかもしれないので注意が必要な点である。

ちなみにセブンイレブンさんの駐車場から撮影するとこのような構図になる。

c0191622_01044418.jpg
館内に入るとシューズロッカー、休憩場、番台が同部屋に一つになっていた。これは同じ釧路だと幸楽湯さんに似た配置である。(脱衣所への方向は違うが…)

番台の女性にナオキブログで使用して良いか確認を取ったところ、「快くOK」とのことであったので、他の入浴客にご迷惑のかからない範囲で撮影させて戴くことにした。

休憩場はこのような感じ。

c0191622_01150374.jpg
アットホームな雰囲気で漫画も置かれていた。とても温かい感じであった。

番台はこちら。

c0191622_01163343.jpg
特筆すべきは、ボディーソープやシャンプーリンスが「レンタル制」であることだ。

浴室にはボディーソープとシャンプーリンスが設置されていないので、手ぶらで来た方はこちらでレンタルをすれば使用することができる。

これは60ヵ所以上の入浴施設を取材してきて今回が初めてであった。


次に脱衣所はこのような感じ。(少しピンボケしてしまった…)

c0191622_01202755.jpg
30ヵ所のロッカーと約20台の籠が設置されていた。

100円リターン式のロッカーも設置されているので貴重品があっても安心だ。

c0191622_01221356.jpg
奥には3ヵ所の鏡とドライヤー用のコンセント差込口が設置されてあるので、ゆっくり髪を乾かすことができる。

尚、有料ドライヤーも1台設置されてある。

c0191622_01242325.jpg
「10円1分」

これもありがたい仕様である。髪の長さによって1分単位で細かく利用することができるのでとても便利だ。

そして浴室なのだが…

c0191622_01261541.jpg
ごめんなさい! 今回は脱衣所からのこの1枚が限界でした(汗)

写真右手にも洗い場があるのだが、何名もの方が既に使用中であったため撮影することが不可能であった…

なのでここからは口頭で説明を。


浴室は内湯が3つ。ジェットバス系の浴槽が2つ。共に3人位が入れる大きさ。そして6名から7名位が入れる大きさの主浴槽が1つ。

他にサウナと水風呂も設置されてある。水風呂の水はかなりの冷たさであった。

洗い場スペースにはシャワー付きのカランが約30代設置で、温度の調節はできないのだが適温に調節されていた。上記でも書いたがボディーソープやシャンプーリンスは設置されていないので番台でレンタルをするか持参する必要がある。


かけ湯をして早速湯船に入ることにした。

実は事前情報で様々な方のブログを拝見したのだが「かつら湯さんはとても熱い」との記載が複数あったので覚悟をしていたのだが…

たしかに熱い! 間違いなく熱い! ただ、よほど熱さに弱い方で無ければ入れない熱さでは無い。

私は仕事で各地の温泉や銭湯を巡り続けているのですっかり熱さに慣れているため普通に入ることができたが、スーパー銭湯系のぬるめのお湯に慣れている方については最初は刺激を感じる熱さかもしれない。

ただ、根っからの温泉・銭湯ファンにはたまらない気持ち良い熱さだと思うので、安心して入浴して戴ければと思う。


次に泉質についてだが、かつら湯さんは銭湯と言っても地下水を使用しているらしく、その地下水は水質調査を行ったところ、各種イオン・シリカ・鉄分を豊富に含んでいるらしく「極めて温泉に近いお湯である」と言うことを強調しておこうと思う。

現にお湯には少々の色が付いているので、これも各種成分が影響しているものだと思われる。

これらの成分はとにかく身体を温める効果が強く、取材を終え車に乗り込んだあともしばらく汗ばむ程であった。

「銭湯」とは書いてあるが、温泉に入浴しているのと何ら変わらない素晴らしいお湯であった。


かつら湯さんでもう一つ特筆すべきことは「早朝から入浴可能」とのことであるので、地元民だけでは無く、観光で釧路に訪れた方にも喜ばれそうな入浴施設であった。

※札幌ー釧路間の夜間バスは早朝に釧路へ到着するが、その時間はまだお店も飲食店もオープンしていない時間帯なので、こちらの銭湯でリラックスしながら目を覚ますのも良いかもしれない。ただし、JR釧路駅からはかなりの距離があるため「大楽毛駅前」や「鳥取分岐」で下車し、短い距離だがタクシーでここまで来るのがベストかと思われる。(スターライト釧路号の場合)


入浴後は自動販売機でコーヒー牛乳を購入し10分程休憩をしてから帰宅をした。

c0191622_01533399.jpg
釧路市銭湯 かつら湯
泉質 地下水(温泉ではないが温泉に近い成分)
営業時間 平日 8:00~21:00 土・日・祝日 5:00~21:00
休館日 年中無休
料金 大人440円 中人140円 小人70円
住所 北海道釧路市鳥取北5丁目5-11
電話 0154-51-5641

色々調べたのだが、一昔前はなんと早朝の4:00から営業をされていたらしい。私が仕事を終える時間なので近くに住んでいたら毎日でも入りに行きたいところであった(笑)


今日は色々なことを書く事情があったため、かなり長めのブログとなってしまったがまだまだ書かなければならないことが沢山あるため、近日中に次のブログをアップしていこうと思う。


今回のラジオでブログのことをお伝えしたため、新たにナオキブログをご覧になったと言う方もきっと少なからずいるのではと思いますが、このような形で出来る限りの細かい情報を綴っておりますので今後とも読んで戴けたら嬉しいです。いつも長文ですけどね(笑)

以上です!


◆◆温泉カウンター◆◆(2017年5月31日から)

●今回の走行距離
 45.2 km
●今まで訪ねた温泉(人工温泉含む)
 54(重複 20) 銭湯 10(重複 4)
●そのうち入れた・飲泉した温泉
 47(重複 19) 銭湯 10(重複 4)


もうすぐ10月!来月も頑張ります!
下の画像を応援クリック宜しくお願い致します!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

漫画家ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/29762846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kittan at 2018-09-26 11:16 x
はじめまして、こんにちは、かつら湯を経営していますきったんです。(本名は伏せておきます)

この度はかつら湯のブログ掲載有難うございます。

ナオキさんがいらっしゃった時には社用で外出していたものでご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。

お時間がありましたら又かつら湯に来て頂ければ幸いです。
お会いできるのを楽しみにしております。

かつら湯店主より
Commented by naokiblog at 2018-10-07 23:13
> kittanさん
きったん様はじめまして。

ブログでの返信が遅くなりましたが、大変に素敵な銭湯を取材・入浴させて戴きまして本当にありがとうございました。

いつの日か改めてお伺いすることができればと思いますので今後とも宜しくお願い致します。
by naokiblog | 2018-09-26 02:11 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(2)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。てんてるにて旅漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31