釧路湿原美術館で取材と鶴居グリーンパークに入浴 2018.09.30

雨。

日中は野球であったが、家を出る直前に雨が強くなり中止となってしまった… 今年は地震や雨で何度となく中止になっているので、せめて残り2回の試合は順調に日程を消化させて欲しい。

台風24号も全国各地で猛威を振るっている。被災された方は心よりお見舞い申し上げますと共に、このブログを書き終えて数時間もしないうちに北海道にも影響が及んでくるはずなので、最大限に注意をしていきます。停電になった場合の準備もしておきます。


今日のブログだが…

9月28日に釧路市阿寒の「釧路湿原美術館(佐々木榮松美術館)」さんと、鶴居村の「ホテル グリーンパークつるい」さんの取材へ行って来たので、この2つを中心に書いていこうと思う。

取材当日は午前中にも用事がいくつかあったので、いつもより遅く13:00過ぎの出発となった。

空はどんよりとして、いつ雨が降り出すのか分からない状態であった。


昼ご飯を食べる時間が無かったので北海道が誇るコンビニ「セイコーマート」さんで手作りおにぎりとお茶を購入し、車の中で食べてから阿寒方面へ。

14:15到着。

残念ながら雨が降り出していた。

c0191622_01230718.jpg
雨でカメラが濡れるため外観を撮影することが出来なかった。そのため、先月撮影したものを代わりに載せておこうと思う。

釧路湿原美術館さんには毎月お邪魔しているのだが、今回の取材内容はこちらであった。

c0191622_01433451.jpg
先日美術館内で行われたファッションショーに使用した衣装が、モチーフとなった佐々木榮松先生の作品の横にそれぞれ掛けられて展示している。

今回は時間の関係で、3つある展示室の一番手前の部屋のみの撮影となってしまったが、他の2つの展示室にも榮松先生の作品と同時に展示してあるので是非ともご覧戴ければと思う。

c0191622_01573090.jpg
羊毛作家さんが1年をかけて丹精込めて制作した衣装の数々。

画像を良く見て戴きたいのだが、衣装は榮松先生の作品で使用した色を忠実に再現し制作されている。

生地も厚手でしっかり丁寧に作られていることが、実際に手に取ってみて分かった。

c0191622_02035942.jpg
写真でも十分に美しさが伝わってくるが、実物を見ると更に圧倒される出来栄えと美しさであった。

c0191622_02052184.jpg
c0191622_02060100.jpg
c0191622_02064635.jpg
※デジタルカメラのピントが写真の方に合ってしまう都合で若干衣装が暗く写っていますが、実物を見ると綺麗に絵画の色を再現されています。


こちらの作品の数々だが、10月28日(第4回エイショウ生誕祭の日)まで展示されているので、過去に何度も釧路湿原美術館さんを訪ねたことがある方も必見である!

もう一つ重要なことがあるのだが、こちらの衣装は全て販売されています!

衣装によって価格は様々なのだが、芸術品としての鑑賞用から実際に日常の生活やパーティーのような場所にも着て行くことができるしっかりとした作りなので、この機会にいかがだろうか。


取材後は館長さんと理事長さんに私の最新作品をお見せしたり、逆に榮松先生の秘蔵作品を見せてくださって勉強をさせて戴いたり、貴重な時間を過ごさせて戴いた。


この時点で15:30。

美術館に入る直前から降り出した雨は勢いを増し、外は滝のようになっていた。

ここから鶴居村へは小高い山道を登らなくてはいけないため、万が一のことを考えて自宅に帰宅するか悩みに悩んだのだが、駐車場で仕事関係の電話をしている間に雨が小降りとなったため思い切って鶴居村へ行くことに決めた。


山道を走っていると次第に雨は止み、途中でトウモロコシ畑等も撮影することができた。

c0191622_02304263.jpg
鶴居村中心部に近付くとタンチョウの姿も見ることができた。

c0191622_02313029.jpg
c0191622_02315392.jpg
私もタンチョウを描く画家の一人として、一度に沢山撮影できるのはありがたい限りである。


そして16:30頃、もう一つの取材先であった「ホテル グリーンパークつるい」さんへ。

辺りはかなり薄暗くなっていた。

c0191622_02345039.jpg
私はナオキブログで何度か「温泉施設を取材する際のゴールデンタイムは14:00~16:00である」と書いてきたのだが、今回は完全に私の都合でゴールデンタイムを過ぎてしまったのだが、このまま取材無しに帰るのはあまりにも勿体無かったため申し訳無い限りであったが取材の依頼をさせて戴いた。

「既に多数のお客様が入浴していらっしゃるので、温泉施設を撮影することは許可できません。ただし、館内の撮影とその画像をブログで使用することは許可します。」とのことであった。

16:00以降はチェックインのお客様も増える時間帯で、夕食前に入浴をされる方も沢山いらっしゃる時間帯でもあるので、その時間に直撃して伺ってしまった私の大失態とまではいかないが失態ではあった。

それでも私の事情を察してくださったグリーンパークさんは、「温泉については公式サイトの画像を使用することを許可します。また、今後、漫画での使用も許可します。」と仰ってくださったので、ありがたく使用させて戴くことにした。

グリーンパークさんの温かい心の籠ったご対応、誠に感謝しております。改めまして漫画取材の際には宜しくお願い致します。


皆さんのご対応に心より感謝しながら館内を撮影。

c0191622_02490882.jpg
綺麗で温かみのあるロビー。

そのサイドには売店もあり、魅力的な商品が多数並んでいる。

c0191622_02494674.jpg
道東地方の代表的な名物商品から、釧路のスーパーではなかなか見かけることの無い商品まで多数販売をしている。

私は自分用にこちらを購入した。

c0191622_02522788.jpg
「柚子七味」。唐辛子好きの私にとっては最高の商品である。(こちらの画像は帰宅後に撮影)

たっぷり入って香り高く、この3日間は早速毎日使っている状態だ。次回、グリーンパークさんへ行ったらまた購入しようと思っている。


そして温泉についてであるが、やはり多数の入浴客や宿泊客の方がいらっしゃって大変に混雑している状態であった。

上記のような事情で公式サイトからの転用となるが、浴室はこのような感じである。

c0191622_02550113.jpg
こちらは宿泊者専用の内湯。

c0191622_03050093.jpg
私の入った男湯と配置が逆だと思うので、恐らくこちらの画像は女湯の露天風呂と思われる。

泉質は素晴らしいモール系の温泉。少々の独特な硫黄のような香りもするため、五感を使って温泉を楽しむことができる。

加水・加熱も一切していない源泉100%のかけ流し天然温泉である。

入浴してみるとツルスベ感があり、モール泉が肌にしっかりと行き渡っていることも分かる。


内湯が2つ。サウナと水風呂もあり。外には細長い形の露天風呂があり、こちらは湯温が若干低く感じたので長湯に適していると思った。

取材をした時はご年配の方が多く入浴されていて、皆さん和気あいあいと話し合いながら楽しそうに入浴されていらっしゃったので、多くの方に愛されている温泉であることが改めて分かった。

また、グリーンパークさんで特筆すべきことは「アメニティの多さ」と言うこともある。

ボディーソープやシャンプーリンスは勿論のこと、ピーリングジェルや洗顔フォーム。脱衣所の洗面台には育毛トニックから関節に塗るグルコサミンまで、至れり尽くせりで高級リゾートホテル並みのアメニティであった。

これらの一部商品は、先ほどご紹介した売店でも購入することが可能なので、自宅でも使用されてみてはいかがであろうか。


まだまだご紹介したいのだが、あまり細かく書き過ぎると漫画のネタが無くなってしまうので(笑)今回はここまで。

館内に併設されてあるレストランはまだオープン前の時間であったので、館内の自動販売機でアイスコーヒーを購入して、スタッフの方にも改めてお礼の気持ちをお伝えしてグリーンパークさんを後にした。

半年後くらいを予定しているが、詳しくは漫画で描こうと思います!


鶴居温泉 ホテル グリーンパークつるい
泉質 ナトリウムー塩化物泉(アルカリ性低張性高温泉)(モール系温泉)
営業時間(日帰り) 10:00~22:00(受付終了 21:30)
休館日 無休
料金 大人600円 中学生500円 小学生400円 未就学は無料
住所 北海道阿寒郡阿寒村鶴居北1丁目5番地
電話 0154-64-2221


車に乗り込んだ時には完全に外は真っ暗。

ここから釧路町の自宅までは丁度1時間少々の道のりなのだが、雨も再び降り始めていたので、速度を落としてゆっくり帰宅をした。

帰り道は雨が降っていることもあり、カエルが何度も道路へ飛び出し更に慎重に運転しながらの帰宅となった。(作り話では無く実話ね。)


カエルか……

実はカエルに関係があるのだが、その後、漫画に関して大きなお話を戴いたのだが、この時点ではそのことをまだ知る由もなかった。

漫画「ひょうひょう!」はまだ第2話のネーム中なのに、第3話から大きな進展を見せる予定です!!!

作者の私が一番ビックリしています!


では本日のブログはここまで。

ブログを書いている間にどんどん台風が近付いて雨が強くなってきたので、停電によるクラッシュを防ぐため一旦PCの電源を落とそうと思います。


◆◆温泉カウンター◆◆(2017年5月31日から)

●今回の走行距離
 130.8 km
●今まで訪ねた温泉(人工温泉含む)
 55(重複 21) 銭湯 10(重複 4)
●そのうち入れた・飲泉した温泉
 48(重複 20) 銭湯 10(重複 4)


取材をした温泉と銭湯の合計が65回となった。まずは全国の前に北海道の入浴施設を制覇するため、これからもどんどん取材&ブログと漫画にしていきます!


10月もバリバリ頑張ります!
下の画像を応援クリック宜しくお願い致します!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

漫画家ランキング
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/29771619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2018-10-01 04:09 | 温泉・銭湯・取材・旅(道東) | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。てんてるにて旅漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31