人気ブログランキング |

2018年を振り返る① 2018.12.30

晴れ時々曇り。

昨日のブログを書いた後、久しぶりに4時間少々の睡眠を取ることができたので元気いっぱい10:00に起床することができた。

夕方は仕事部屋を少しだけ大掃除。当初やりたかった範囲の5分の1ほどしかできなかったのだが、主にテレビ周りがスッキリしたので満足している。


今日のブログは何度も告知をしてきた通り「1年間を振り返るブログ」である。

もうすっかり年末恒例となっているイベントなので(笑)今年は昨年の「振り返るブログ」と比較する形で前編を書いていこうと思う。

c0191622_23284558.jpg
※こちらの写真は5月に撮影。


昨年年末のブログ『また、これももう一つ大きな変化として、「漫画を描かなくなった」ことだ。(中略)100%描かなくなったということでは無いのだが、少なくとも「漫画優先」から「絵画優先」に大きく舵を切った一年でもあった。』

絵画優先に大きく舵を切ったと書いてわずか4ヵ月半後に現在連載中の漫画ひょうひょう!の話しが来た訳だから、人生いつどこで何が起きるか本当に分からないものだ。

再び舵を大きく切り直すことになりました(笑)


昨年年末のブログ『私の場合、(中略)感動したり噴き出す程面白いストーリーを作ることが不可能に近いのだ。普通の漫画は難しいので「体験記」「旅行記」挙句の果てには趣味で年に何度か行く「パチスロ」を舞台に漫画も描いてみたが、どれもパッとするものは出来上がらなかった。』

おいおい、昨年の私よ。本当にそう思っていたのかい?(笑)

だって今連載してる漫画はまさしく「体験記」や「旅行記」ですぜ!(笑)

パッとするものが出来なかった理由はテーマが悪いのでは無く、単純に当時の私が今以上にストーリーを作るのが苦手だっただけだと思う。

20代後半(27~8)までの私は「生真面目」な性格だった。仲間内でボケたりすることはあっても、それ以外の場所ではとにかくマジメ一辺倒! 窮屈でしたね~(汗) それがそのまま作品にも現れていたし、パニック障害克服に繋がらない最大の原因だったようにも感じるのだ。

少しずつ気が付きはじめた私は、30歳くらいを目安に少しずつバカになることを心掛けたのです。

「バカ」という言葉は良い表現では無いのだが、自分自身の中で少しずつリミッターが外れていき、それが作品にストレートに現れてくるようになった。医師から一生治らないと言われていたパニック障害も思考回路を変えることで一気に完治してしまった。

根っ子の部分は真面目さが残っているので足して2で割ると丁度良いバランスとなっているのだろうと思う。いつも思うが、25歳くらいでこのことに気付くことができれば人生はもっと早い段階で変わっていたのだと思う。

30歳までの作画中は仕事の量も今より遥かに少なかったというのに、作品を描く事やネタと構図を考えるのが苦しくて苦しくて仕方が無かったのだが、今はこれだけ忙しくても作品を描くことが楽しくて楽しくて仕方が無いのだ。当然疲れもまるで無い。


当時は「これをやったら世間の目が…」と思っていたことが沢山あったのだが、これは芸術家を名乗る人間としては思ってはいけないことだと今になって感じる。「世間の目」や「常識」というネガティブ思考を自らぶった切ってやらないと切り開いていくことができなかったのだ。

気が付くのが本当に遅かったことばかりである…

c0191622_00044886.jpg
昨年年末のブログ『私は札幌をはじめとする「都会」には向いていない人間なんだと感じざるを得なかった。
それよりも、今は田舎に行く方がワクワクしている。今後の人生は釧路を中心に「道東の人」として生きていこうと思った。


過去に何度か都会へ移住しその度に病気の悪化で地元釧路へ戻ってくることとなったため、結果としてこのような文章を1年前に書いたと思うのだが、これに関しては1年経った今でも気持ちに変化は無い。

取材では人口10数万人の釧路よりも更に人口の少ない地域ばかり回っているが、本当にワクワクするんだよね。

温泉や素晴らしい景色は勿論のこと。

町や村に一つしか無いスーパーにはどのような特産品が販売されているのか? 地元ならではの料理は? 美味しい空気。綺麗な水。野生動物との出会い。

何を取ってもワクワクだらけで、これからも末永く「道東の人」として生きていきたいと思っている。

ただ、1年前とは状況も変化している部分が多々あるので、自宅や制作場はで道東であったとしても、時と場合により都会へ行かなくてはいけない部分も今後出てくるだろう。「移住する」って意味では無くて、あくまでも個展や漫画のイベントなどで短期間のみ自宅を空けるって意味ね(汗)

c0191622_00242831.jpg
昨年年末のブログ『釧路はそこそこチーム数があるのに、ほとんどが朝野球で、日曜日に大会やリーグ戦をするという習慣があまり無い。札幌では数えきれない程の私設リーグが立ち上がって日曜日に試合を組んでいたので、いつの日か、釧路でも日曜日にリーグ戦ができる日が来ればと思っている。

こちらは野球の話しです。

1年前の時点では「野球人生も残り少ない」と示唆しておきながらも、まだ40歳くらいまでは現役をやるだろうと思っていたのでこのような話を書いてみたのだ。結局今年で引退してしまったが…

札幌でチームを作って、代表として色々なチームの方と交流を持ちながら数年間で様々な現状を知ることができた。

釧路にも札幌のように野球連盟に属さない私設リーグを作って自由な形で発展させれば「野球がやりたいのにプレー出来るチームが無い」という地元の野球難民を救うこともできるし、競技人口の少なくなった野球界のためにもなると思ったのだが、この目標を達成させる前に現役を引退することとなってしまった…

私の作った野球チーム「ネクサス」は、今年も驚くほどのペースで「野球がやりたいです!」という連絡を頂きました。人数が多すぎてお断りをしている現状にあります。潜在的には野球をやりたい人がまだまだ沢山いるという事実でもあるので、何とかして地元の野球界が再び活気づく日が訪れることを切に願っております。私設リーグはその一つの案でもありました。

本業が忙しすぎて余力が無く私はもう何もできない状態ですが、誰かが立ち上がってまとめ上げてくれることを野球ファンとして祈っております。

c0191622_00392353.jpg
ちょっと野球の前の話しに戻るが、わずか3年半前~4年前は2度目の札幌移住から釧路に戻ってきたばかりで、全てに絶望し、更には新たに何かを挑戦することが恐怖で「これからの人生はバイトと絵画で生きていくために最低限のお金を稼いで細々と生きていこう」と本気で思っていた時期があったのだが、それは当時の自分にそう言い聞かせていただけで、本当は何事にも挑戦をしたくて仕方が無い人間であるという現実を改めて受け入れた3~4年であった。

それが状況を次々と好転させ平成30年の大晦日まで来ることができたのだ。

人間ていうのは思考1つで人生を大きく変えてしまうことができる生物なんだということに日々気付かされている。

気付いてしまったからには過去の辛いことばかりだった人生を変えざるにはいられない。


2018年を振り返るブログの後編は明日にもまた違った角度で1年を振り返ってみようと思う。
今日は前編だったので、まだ結論付けたことは書かないようにするが(笑)来年は更に良い年にしたいと思っている。


最後のまとめは明日改めて書くことにします。


今年も残すところあと1日。最後まで全力投球です!
今日も下の画像を応援クリック宜しくお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

漫画家ランキング

Twitterのフォローをお願いします!
トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/29925096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2018-12-31 01:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

漫画家・画家のMナオキが、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。「Webコミック雑誌てんてる」と「山佐スロワールド」にてVTuber虹河ラキと北海道を旅する漫画『ひょうひょう!』連載中。


by 漫画活動時:Mナオキ 絵画活動時:松本直樹(本名)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30