近況報告 2019.02.03

おおむね快晴。

気が付いたら2月。早い、早すぎる!! ちょっと前に正月の投稿をしたと思っていたら今日は節分であった…

最近はず~~っと仕事に関係するような内容のブログばかりを書いていたので、今日は一休みしてユルい内容の休憩を兼ねたブログで一本書いていきます(笑)

c0191622_10301655.jpg
漫画最新話の完成直後で少しだけ時間があったので、昨日は数時間ほど新たな絵画の題材となるような風景を探しに車で釧路町を流した。

意外なスポットから雌阿寒岳や雄阿寒岳が綺麗に見えるアングルがあったので試料用に撮影。

(このアングルが分かってしまった方はナイショでお願いします(笑))

ちなみにその漫画ひょうひょう!だが、最新話は2月6日の水曜日に更新予定です! まだ読んだことの無い方は過去の話を見ることが可能なのでこちらからどうぞ→ひょうひょう!過去話へ


正午過ぎに帰宅をするのとほぼ同時にこちらが届いた。

c0191622_10540525.jpg
パソコンの電源ユニットである。

実はパソコンの電源状態が1年少々前からずっと悪く、ハードディスクを新しいものに交換しても頻繁に電源が落ちてしまう事象が続いていた。

我慢して使っていたのだが、漫画のクリスタ仕上げ作業中に電源が落ちてしまうとタイムロスが生じてしまうし、何よりデータがクラッシュしてしまうと笑いごとでは済まされないので、痛い出費だが電源ユニットを交換することにしたのだ。


今回購入したものは650W。今までは現在の自作用パソコンケースを購入した際に付属されていた450Wのモノを10年近く使用していたので色々と限界だったのだと思う。というか450Wしかないモノがハードな使用にも関わらず10年近くも使うことができたので、こちらの方が奇跡だったかもしれない…(苦笑)

パソコン内部はマザーボードや冷却装置もかなりホコリが溜まっていたので、丁寧に掃除をしながら電源ユニットを交換。不慣れなこともあり全ての作業で3時間ほどかかってしまったのだが、付け替えた後は15時間経過した今でも一切電源が落ちる事無く元気に動作してくれているようだ。

動作は良くなったが200Wもパワーアップしてしまったので電気代だけが気になるところかな(汗) 基本的に付けっぱなしなので…


で、次の話題。

1月が終了したので毎月恒例となっている1ヵ月毎のブログキーワード検索ランキング!

今月もやっていこうと思います(笑)

皆さんこのようなキーワードで検索してナオキブログを楽しまれているようです。

c0191622_11152245.jpg
いつもの通り、上位5つのキーワードをピックアップしようと思う。


第1位 ナオキブログ

c0191622_11194666.jpg
これで4ヵ月連続「ナオキブログ」がキーワード1位となった。

毎月なので特筆すべきこともそろそろ無くなってしまったのだが(笑)、『たまたまキーワードで引っかかってナオキブログに辿り着いた』のでは無く、ダイレクトにこのブログを検索して見てくださっているという証拠でもあるので、私としてはありがたい限りである。

そういえば、更新頻度が少しだけ下がったことにより昨年の秋以降から平均アクセス数が少しだけ下がっていた状態が続いていたのだが、今月に入ってからは再び上昇に転じるようになった。

ピークだった頃と同じくらいか、もしかすると今が一番平均アクセス数が多い状態かもしれない。こちらもありがたい限り!


第2位 清里町

c0191622_11254947.jpg
SNSを中心に、「ひょうひょう!の最新話は清里町の話しですよ~」と告知を少しずつしてきたので、それが関係しての初ランクインだと思っている。

このブログのタイトルが「ナオキブログ」なのでキーワード検索1位は当たり前なのかもしれない。するとこの「清里町」が実質上のランキング1位となる!

このブログを公開してから3日後に清里町を旅した模様が漫画で展開されていきますので、もう少しだけお待ちを!!


第3位 藤花温泉ホテル

c0191622_11323933.jpg
もしかするとトップ5にランクインしたのはこれが初めてかもしれない。

標茶町で唯一のビジネスホテル。そして標茶町で数件のモール温泉が楽しめる施設のうちの一つである。

他の施設に比べると、藤花温泉さんは一番ぬるめのお風呂となっている。なので、長時間じっくりゆっくり濃厚なモール温泉を堪能することが可能だ!

私は年間1~2度ほどしかこちらに行かないが、隠れたスポットである。これを書いたら行きたくなってきたので今年も何度か行ってみよう!


第4位 標茶 味幸園

c0191622_11392368.jpg
藤花温泉さんに続いて標茶町のモール温泉がランクイン。

味幸園さんは標茶町の中心部から離れたところにあり、慣れるまでは高確率で迷ってしまうのだが、隠れた秘湯として全道・全国から温泉ファンが訪れる。

現在は日帰り温泉施設のみの解放となっているのだが、「味幸園」の名の由来はもともと施設内で料理も食べることができて現在は料理の提供こそ無くなってしまったのだが、その名残として飲食店のような施設名となっているようだ。

ちなみに藤花温泉さんと比較すると味幸園さんは圧倒的にお湯が熱いので熱湯好きの方にはこちらがオススメだ。成分は少しずつ違うがどちらも最高のモール温泉である。


第5位 釧路さくらゆ

c0191622_11461388.jpg
もうかなりの期間でさくら湯さんの記事は更新していないのだが、未だに「さくらゆ」「さくら湯」で検索をしてナオキブログに辿り着く方が多い。

記事別のアクセス数ランキングを確認しても、未だに2017年のさくら湯さんを書いた記事がトップ10内に毎週確実に入っているほどだ。

さくら湯さんは本当に素敵な銭湯だし人気があるのも十分に解るのだが、他にも75ヵ所の温泉や銭湯を現在までに記事としているので他にも素敵な場所はあると思うのだが、さくら湯さんは常に安定のランクインとなっている。

温泉だけでは無く銭湯も同様にいつまでも「クールジャパン」として残っていて欲しい文化であるので、定期的に取材を続けていこうと思っている。


以上です! 1か月後はどのようなキーワードがランクインされるのか今から楽しみである。


…これでいつもは終わるのだが……

2019年1発目のランキング発表でもあったので、試しに20位以下のランキングも載せてみようと思います(笑)

c0191622_11532448.jpg


例えば21位の「誰もいなかったら温泉撮影OK」や25位の「湖の湖面の塗り方」などは考えさせられるキーワードであった。

「誰もいなかったら温泉撮影OK」についてだが、基本的には施設の方に確認と使用用途を説明してから撮影をしましょう!

私も仕事として温泉や銭湯を取材する前、趣味として方向性も分からないままだったスタート時は正直なところ確認も取らずに撮影したことが何度かありました。

ただ、無断で撮影をしてブログに載せたところ、数日後に施設の方から全力で怒られたことが1度だけあります。その記事は綺麗さっぱり消去して施設の方とも和解したのですが、後々のトラブルを避けるためにも面倒であっても必ず確認を取ってから撮影するようにしましょう。(外観まではOKでも浴室はNGということは結構多いです)

多くの施設の方は、たとえあなたが何も言わなくともご自分の入浴施設の情報は常にチェックしていると思ってください。

しかし世の中には管理人が常駐していない温泉施設や野湯もたくさんあります。これらは許可要らずで撮影しても怒られることは基本的に無いでしょうが、最終的には自己責任にてお願いします。

現在の私は1人でもスタッフさんが居れば、仕事でもあるので確実に事情をお話しして撮影&掲載するようにしています。

入浴中の方がいらっしゃる場合にはこちらにも十分に気を使いましょう。


次に「湖の湖面の塗り方」についてだが…

塗り方や松本の作画方法については付加価値のある部分なので、有料版ナオキブログでいつの日か書こうと思います(笑)

簡単に教えられる部分もあるが、簡単には教えたくないテクニックも沢山あるからね(笑)

有料版の記事はまだ2つしか無いが、漫画の裏話などこちらの無料版ナオキブログではお伝えできなかった部分もこれからどんどん書いていく予定なので、登録して頂けたら嬉しいです! 月額も400円なので気軽に登録できる金額としました。→有料版ナオキブログへ

昨年は1年を通して個展ばかりやっていたのですが、今年は個展のペースを半分以下に落として、その分いろいろなことにチャレンジしていこうと思っていますので応援してくれたら嬉しいです。


では、次のひょうひょう!最新話制作が始まるまで数日あるので、溜まりに溜まった確定申告作りをやっていきたいと思います(笑)


今月も応援クリックをお願いします!
Twitterフォローもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

漫画家ランキング

Twitterのフォローをお願いします!


トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/30083145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2019-02-03 13:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

画家・漫画家のM.ナオキ(本名:松本直樹)が、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを書いています。Webコミック雑誌「てんてる」にてVTuber虹河ラキと北海道を旅する漫画「ひょうひょう!」連載中。


by 画家活動時:松本直樹 漫画家活動時:M.ナオキ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28