人気ブログランキング |

取材後に標茶町藤花温泉ホテルで入浴 2019.09.27

快晴。(9月26日)

遂に外の気温が氷点下となった。近くの気象庁観測点である標茶町では早朝に全国最低のー1.6℃まで冷え込んだらしい。(9月26日) 今シーズンもいよいよ氷点下の世界がやってきた。

いよいよと言えば、消費増税もあと数日で始まることとなる。私に関する絵画や商品については過去のブログにまとめているので読んで頂けると幸いです。
→ 誕生日の御礼と増税後の対応について 2019.09.05


今日のブログは約半月前に、ひょうひょう!の取材旅帰りでプライベートにて入浴した標茶町の「藤花温泉ホテル」さんについて書いていく。

久しぶりに漫画取材と関係の無い温泉ネタブログです 笑

c0191622_23560209.jpg
取材先のことについては来月配信分のひょうひょう!で詳しく描いている最中なので、完成までしばらくお待ちください。

今日のお話は、その取材の帰りでプライベート入浴をしたお話。


スタジオのある釧路に向けての南下中、標茶町に立ち寄ったのは15:00頃。

標茶は毎年少なくとも5回以上は目的があったり通過したりで立ち寄る町なのだが、通過しながらもなかなか藤花温泉ホテルさん(以下、藤花温泉さんと記載)で入浴することが叶わなかった。

今回は1年以上ぶりに念願叶っての入浴となった。


フロントでは従業員さんと暫し雑談。

私が北海道を旅する漫画やブログを描いている(書いている)ことや標茶町の温泉が大好きなことをお話しし、今後標茶町を漫画で描く際には喜んで取材をさせてくださるとのことであったので、大変に嬉しいプライベート入浴となった。

従業員さんともモール温泉について深いお話をさせて頂いたが、この標茶町、そして藤花温泉さんのモールは全国的に見ても極めて濃厚であることを最確認することができた。

私もこのナオキブログで何度も書いてきていることだが、標茶町の温泉スペックは全国的に見ても際立っているものがある。

このモール温泉を含め標茶町の温泉の素晴らしさは全国にどんどん発信できるものであると思うので、私も隣の釧路に住んでいる人間として活性化のために何かできることはないかと真剣に考えている。

漫画家としても画家としてももう少し成功してまとまった収入ができたら、標茶町に温泉付きの別荘を買って静養に使ったり、私が所属している某温泉グループのメンバーと交流できるような場にすることは本気で目標としていることの一つです。


さて、肝心の温泉は…

c0191622_00053519.jpg
うん。今日も大変に濃厚!

浴室は熱気と湿度でこのくらいのピントにて撮影したものが最高品質なのでご勘弁を 笑

私が入浴した直後に他の入浴客もいらしたため細かいところまでは撮影できなかったのだが…

c0191622_00211628.jpg
手前が熱め。奥が若干ぬるめの湯温となっている。

c0191622_00221670.jpg
奥へ行くには写真右下の緑の人工芝が張ってある飛び石を歩いて進むことになる。

ボディーソープ、シャンプー・コンディショナー設置。


特徴は上でも書いた通り、とにかく「極めて濃厚」であること。

湯に身体を沈めると、自分の手足が全く見えないほどに濃厚なのである! 全身が天然の美容液に包まれているようで、男性にも勿論であるが、特に女性へオススメの温泉だと私は思っている。

これが楽しみで毎年のように入浴をしに来るのだが、今年も大満足のひと時であった。


ちなみに脱衣室はこのような感じ。

c0191622_00273603.jpg
c0191622_00275103.jpg
ドライヤーも設置してあるのでありがたい。貴重品を持ってきている場合はカウンターに預けておくとよいだろう。

温泉分析書はこちら。

c0191622_00291653.jpg
泉温 40.2℃  pH 8.9

取材日の昼はまだ暑かったことも影響しているのか、泉温以上に熱い湯に感じた。これはこれで気持ちが良かった。


満足した後に改めて従業員さんとお話しできる機会があったのだが、現在は藤花温泉さんで宿泊予約を取ることは大変に難しいらしい。

何でも、標茶町北部に位置する磯分内地区に大手乳製品企業が巨大な工場を建設中で、建設に携わっている方が連日この付近の宿に宿泊されているらしい。確かに標茶町へ南下する途中で見た建設中の工場は磯分内の人口とは不釣り合いなほどの巨大工場であったので、相当数の関係者がこの辺に宿泊されていると思われる。

但し、急遽キャンセルなどが入り宿泊することが出来る日も出るかもしれないとのことであったので、頻繁にチェックをされながら藤花温泉さんに宿泊し、思う存分モール温泉を楽しむのも良いかもしれない。

標茶温泉 藤花温泉ホテル
泉質 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性温泉)※モール温泉
営業時間 日帰り入浴の場合 14:00~21:00
休館日 無休
料金 大人470円 小学生260円
宿泊 素泊まり5400円 ※食事付きプランもあり
住所 北海道川上郡標茶町2丁目8番23号
電話 015-485-1234


※これまで私は各入浴施設の入浴料を必ず公開してきましたが、数日後からの増税で入浴料が上がる施設も出てくるようです。今日まで私が書いてきた情報は増税前の「消費税8%時代」のものですので、増税後にこの文面を確認した読者さんは、入浴施設にチェックされることをオススメします。


藤花温泉さんを後にした私達は時刻もすっかり夕方になっていたため、ホテル近くのコンビニで冷たいドリンクとパンを購入して満足で釧路のスタジオへ戻ったのであった。

これ以外のことは来月配信分のひょうひょう!で漫画にて公開いたします!


◆◆温泉カウンター◆◆(2017年5月31日スタート)

●今回の走行距離
 合計したものを漫画で公開
●今まで訪ねた温泉と銭湯(人工温泉・足湯・飲泉含む)
 71(重複 27) 銭湯 12(重複 4)  計 83
●そのうち入浴できた・又は飲泉した温泉と銭湯
 63(重複 26) 銭湯 12(重複 4)  計 75


今日(9月27日)は虹河ラキちゃんのソロデビュー曲配信もあります!
ラキちゃんを描き続ける身の私としては、「ついにここまで来たか!!」といった感じで嬉しくてなりません✨✨🐸🌈

とっても綺麗で良い歌なので、是非お聴きください!


今日も下のバナーをクリック、Twitterのフォローもお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ




Mナオキ欲しいものリスト

それではまた、次回の更新で☆彡

トラックバックURL : https://mnaoki306.exblog.jp/tb/30464558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by naokiblog | 2019-09-27 01:07 | 温泉・銭湯・取材・旅(釧路) | Trackback | Comments(0)

漫画家・画家のMナオキが、自分の作品を紹介したり温泉や旅のことを中心に書く公式ブログです。「Webコミック雑誌てんてる」と「山佐スロワールド【スロコミ】」にてVTuber虹河ラキ・よつば歩音と北海道を旅する漫画『ひょうひょう!』を連載中。


by 漫画・イラスト活動時:Mナオキ 絵画活動時:松本直樹
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30